パリヴリッタ・トリコーナーサナ (三角のポーズ捩じりver.)

「パリヴリッタ」とは、「まわる」「ふりかえる」という意味です。「パリヴリッタ・トリコーナーサナ」とは「回転する三角形」という意味です。柔軟性やバランス力など、様々な要素を積み上げて完成させる難易度の高いポーズですが、下半身の筋力アップや引締め効果は大なので、是非無理のない範囲でゆっくりチャレンジしてみて下さい。

■効果:腰まわりの疲れ・背中の疲れ・軽度の坐骨神経痛・便秘・内臓の不調、・ストレス解消・バランス感覚の向上
■注意する点:低血圧・片頭痛・下痢・頭痛・不眠症がある時は避けましょう。
■やり方:
動作1

動作1

1.マット(床)の前に立ち、左足を後ろに引き、左つま先は斜め正面に向け、右つま先は正面に向けた位置に。骨盤が正面に向くように、足の位置を確認しましょう。さらに右脚付け根に右親指を置き、脚付け根を後ろに押すようにし、骨盤を正面に向けます。この時もお腹を腰に引き寄せ、お尻が後ろに落ちないように気をつけましょう。



動作2

動作2

2.そのまま体を右方向にねじるイメージで上体をゆっくり倒し、左手は前に、右脚付け根は後ろに押し出すようにし、右側の体側をゆっくり伸ばしますこの時、左足の小指が浮きがちなので、しっかり床につけるように注意。





動作3

動作3

3.そのまま息を吐きながら、左手が置ける位置まで上体を倒します。手の位置は、右膝や脛でもOKです。さらに左の脇腹を右の腿に近づけ、息を吸いながら、腰から背筋を伸ばし、息を吐きながら腰から上半身を右にねじります。顎を軽く引き、視線は伸ばした指先に。この姿勢で5呼吸ほど静止します。




動作4

動作4

4.更に左手を右足の外側床に置ける人は置き、右手を天井方向に伸ばせる人は伸ばし、顎を軽く引き伸ばした右指先を左目で見上げましょう。そのまま5呼吸ほどキープしましょう。(首が痛い人は右目で床を見るようにしましょう)上体を起こし、反対側も同様に。

 
いかがですか?両ポーズとも背骨を中心にじっくりと深く捩じるポーズなので、内臓の活性化や消化機能をアップさせてくれます。また、かなり筋力バランス力も必要なので、引締め効果は絶大です!食べたい!欲求がある時はポーズに集中することで、食べ過ぎ防止にもなりますし、食べ過ぎた後は、無駄肉をそぎ落とす効果もあるので、美ボディをキープしたい女子にとって、強い味方です!ぜひ、チャレンジしてその効果を実感して観て下さいね。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でヨガ用品を見る

Amazonでヨガ用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。