ゴーヤチャンプル

沖縄の長寿の秘訣は、やっぱり食にあり!?

「熱(暑がり)タイプ」チェックしてみよう!

薬膳は、中医学の理論にもとづき、生薬や食材をあわせて健康を維持したり、治療に役立てる料理のことをいいます。中医学の理論で重要なひとつは、その人の体質やその日の体調といった「証(しょう)」にあわせることです。以下のチェックで4つ以上あてはまれば、アナタは立派な熱タイプといえるでしょう。

□ 顔が赤い
□ 暑がり
□ のどが渇く
□ 冷たい物が好き
□ 便秘がち(便がかたい)
□ のぼせやすい
□ 尿の色が濃く、量が少ない


熱タイプは、もともとカラダの機能が亢進しやすいタイプでもありますが、辛い物などの食べ過ぎや、ストレス、発熱性の高い熱邪などの侵入によっても起こります。また、夏の暑い時期に上記のような症状が出る場合もあるので、日々チェックしてみましょう。

■熱タイプにオススメの食材
緑豆、ハト麦、モヤシ、豆腐、キュウリ、冬瓜、苦瓜、白菜、大根、トマト、セロリ、ゴボウ、レタス、カニ、アサリ、シジミ、昆布、ワカメ、スイカ、柿、梨、パイナップル、メロン、緑茶など

ゴーヤチャンプルに入っているゴーヤには、カラダにこもった熱を冷ましたり、目の疲れや充血を解消する働きがあります。豆腐には、カラダに必要な水分を補い、乾燥を防ぐ効果があります。

なお、豚肉や玉子は汗で失われた気を補い、元気をつけたり、疲労回復によいので、夏バテにもオススメです。

「ゴーヤチャンプル」の材料

ゴーヤチャンプルの材料

塩麹やオイスターソース味でも美味しい

<材料> 2人分
ゴーヤ……1/2本
豚コマ肉……100g
木綿豆腐……150g
モヤシ……1/2袋
卵……1個
A しょうゆ……大さじ1弱
A みりん……大さじ1弱
A 塩、コショウ……少々
かつお節……適量
ゴマ油……適量

「ゴーヤチャンプル」の作り方

1.ゴーヤは縦半分に切り、ワタをスプーンで取り除き、薄切りにする。少量の塩でもみ、水で洗い流しておく。
2.フライパンにゴマ油を引き、食べやすく切った豚肉、ゴーヤ、木綿豆腐を入れて炒める。
3.2に溶き卵、モヤシの順に加えて炒め、Aで味を調える。最後にかつお節をふりかける。

「ゴーヤチャンプル」のポイント

カラダが冷えるタイプは、温熱性の「ニンニク」や「ショウガ」を足して最初に炒め、寒涼性の「モヤシ」を入れずに、調和役で滋養強壮にもいい「卵」を多めにするといいでしょう。そう、これぞ自分に合った薬膳、これぞ「ぬちぐすい(命の薬)」!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項