漢方的にもおすすめされる「おせち料理」の魅力

おせち料理

黒豆、栗、海老、昆布、胡桃…おせち料理には漢方的にも良いとされる食材がたくさん含まれています

お正月の「節句」や「おせち料理」は、もともと中国から伝わった伝統行事です。節句に神様とともに食べるとされた節供料理がおせちの由来ですが、おせちに使われる食材は、漢方的に分析しても実に理にかなったものです。ということで今回は、おせち料理に含まれる食材の効能について解説します。

【 INDEX 】
・冬は「腎」にいいものを摂ろう!⇒ p.1
・黒豆・栗・海老・昆布・胡桃の素晴らしき効能とは?⇒ p.2

寒い冬は腎を補い、身体を温める食材がおすすめ

まんが 黄帝内経―中国古代の養生奇書
中国最古の医学書である「黄帝内経」(こうていだいけい)には、冬は「閉蔵」の季節だと記されています。夜は早めに寝て、朝はゆっくりと起き、エネルギーを体内に蓄え、陽気を失わないように過ごすのが一番の養生のようです。

冬を五臓であらわすと「腎」です。現代医学でいう腎臓の機能だけでなく、成長ホルモンや性ホルモン、聴神経の作用なども含まれ、生命エネルギーを蓄える機能を持つとされています。この「腎」は寒さを嫌う臓器でもあるので、冬は腎を補い、温める作用のある食材を摂ると良いでしょう。具体的に冬におすすめの食材は、黒豆、栗、胡桃、黒ゴマ、ニラ、海老、ニンニク、羊肉、いわし、あなごなどです。漢方では、「冬は黒いものを食すといい」などともいいますが、なるほど色の濃い食材や、おせちに登場する素材も多いです。

次のページでは、食材別の漢方の効能についてご紹介します。