「薬膳」ってカラダにいいって聞くし、どんなものか試してみたい……。
薬膳は究極のアンチエイジング食といっても過言ではないくらい、カラダの内部から元気にして、若々しさを保つ知恵が満載です。この週末は、自分のために時間をつくり、本格的だけどもカンタンでおいしい薬膳、味わってみませんか?

image
にんにくゴロゴロ、ナツメや薬膳食材の入った出汁でいただくアツアツ薬膳鍋!


【 INDEX 】
・腎機能にいい食材・カラダを温める食材 ⇒ p.1
・アンチエイジング薬膳鍋レシピ ⇒ p.2

冬は腎機能を高め、カラダを温める食材を

薬膳は季節やその人の体質を見極めて作ってこそ、その良さが発揮できるのですが、まずは「冬」に対応した食材(冬太り・冬冷えは、食生活で改善できる?記事にも掲載)を覚えておくと便利です。

■腎機能を高めるもの

  • 穀類・豆類・イモ類……黒豆・粟・サツマイモ・山芋
  • 肉・魚……羊肉・鴨肉・豚肉・海老・イカ・ウナギ・タコ・なまこ
  • 野菜・その他……ニラ・昆布・くらげ
  • 種子・果物……黒ゴマ・蓮の実・胡桃・栗・銀杏・ぶどう・ざくろなど

■カラダを温めるもの

  • 調味料・スパイス……唐辛子・にんにく・生姜・黒砂糖・山椒・シナモン・八角
  • 肉・魚……羊肉・鶏肉・海老・マグロ・さけ・さんま
  • 野菜……ニラ・長ネギ・シソ・かぶ・カボチャ
  • 飲み物……酒・紅茶など


漢方では腎は、西洋医学の腎臓の機能だけでなく、ホルモン系や生殖器系までも含まれる、いわば「生命エネルギーの源」ともいえるものなのです。髪や目、歯、骨までにも関連深い臓器で、腎を補うことで老化のスピードを緩やかにするともいわれています。

この腎は冬に活動的になるのですが、寒さに弱い臓器でもあります。カラダを温める食材を摂って、腎機能を高め、気血のめぐりを良くしましょう。


ではさっそく次のページで、「アンチエイジング薬膳鍋」をご紹介しましょう!