ゴルフとウイスキーの嘘

St. Andrew's

St. Andrew's
(撮影/川田雅宏)

まずはセント・アンドリュースとスコッチ・キルトのカクテル・レシピを紹介。
St. Andrew's
スコッチウイスキー 1/3
ドランブイ   1/3
オレンジジュース 1/3
シェーク
*ウイスキー2/4、ドランブイ1/4、レモンジュース1/4でボニー・スコットというカクテルになる。ボニー(Bonnie)は可愛らしい、といった意味。

Scotch Kilt
スコッチウイスキー 2/3
ドランブイ   1/3
オレンジビターズ 2ダッシュ
ステア/レモンピールを搾りかける

このふたつともスコットランドの酒場でオーダーしても通じないことが多い。とくにセント・アンドリュースはそうだ。おそらくアメリカやイングランドで生まれたカクテルだろう。
あるときドランブイについて書く必要が生じたのだが、このふたつのカクテルをかつてスコットランドのバーテンダーが知らなかったことを思い出し、エディンバラの友人にメールを送って、調べてくれと頼んでみた。
友人はとても熱心にあたってくれたのだが、ゴルフの聖地、セント・アンドリュース・ゴルフクラブのクラブハウスに聞いても、ドランブイが誕生したスカイ島のブロード・フォード・ホテルに聞いても、そんなカクテルは知らないとの返事だったそうだ。
まあこれらも、アメリカかイングランドあたりで生まれたカクテルなのだろう。どちらも甘みのあるカクテルだが、前者はジュースの酸味がいいバランスを保っていて飲みやすく、後者はビターズが味わいを締めている。

セント・アンドリュースといえばスコットランドの守護聖人であり、また同名の地にはゴルフの聖地、セント・アンドリュース・ゴルフクラブがある。このゴルフクラブ、当初は22ホールあったのだが、スタートの4ホールのコースが短くて面白味に欠けるということで、1764年に削って18ホールとなった。それを他のコースが一斉に真似て、18ホールが一般化したのだ。
申し訳ないが、なぜゴルフは18ホールなのかという理由で、18のホールをこなすと調度ウイスキーのスキットルが空になるから、なんて答えは酔っぱらい話にしか過ぎない。これはゴルフの世界ではよく知られていることで、真実は全英オープンのTV実況で、解説の戸張捷氏がしばしば丁寧に教えてくれている。

アメリカのSt.アンドリュース

Scotch Kilt

Scotch Kilt
(撮影/川田雅宏)

ついでに18ホールでボトルが空になるっていうのは、まったくもって笑い話。ウイスキーがボトルで流通するようになったのは19世紀に入ってからのこと。それにかつては三つ揃いを着て、きわめてジェントルマンのスタイルで競技したりしていた訳だから、コースにまでボトルを持参してグビグビはお行儀が悪く、もしやっちゃったらクラブハウスに戻ったときにこっぴどく叱られるに決まっている。まあ、クラブから出入り禁止になるだろう。
よほどのウイスキー飲みでゴルフ好きの奴らの冗談話が、いつのまにか真実のように語られるようになったのだろう。可笑しくて憎めない。

最後にさらに余談。ゴルフではバーディ、イーグル、アルバトロスといった鳥の用語が使われる。これは1888年にアメリカはニューヨーク州ハドソン河畔に設立したその名もセント・アンドリュースGCに端を発している。
なんとそこはリンゴ園をコースにしたのだった。メンバーたちは「アップルツリー・ギャング」と揶揄されたが、リンゴの木が邪魔だからどうしても避けながらのプレーとなる。そこで空中戦が生まれ、鳥にたとえるようになった。
で、当初クラブハウスはリンゴの木の下。木の枝に弁当をつり下げてプレーし、またそこでウイスキーを飲んで交流を深めたのだった。その写真を見たことがあるのだが、なんだかほのぼのとしていて、おっさんたちが可愛らしい。
しかしながらアメリカという国は、ゲーム性を高めることに秀でている。

関連記事

ラスティ・ネール/カクテル5
マティーニとチャーチル/カクテル4
マンハッタン/カクテル3
マンハッタン/カクテル2
マンハッタン/カクテル1
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。