リンカーン大統領とバーボン

 
ノブクリーク

ノブクリーク

 ケンタッキーでバーボンウイスキーがつくられはじめた18世紀後半から、川蒸気船が登場する19世紀初めまでは、販路を南に求めるしかなかった。アメリカ東部はライウイスキーの地であったし、東部にバーボンを売り込もうとするにはアパラチア山脈の峠越えという苦難があった。
 前回記事『バーボンとミシシッピ川とサラブレッドのおいしい話』では、ケンタッキー州のオハイオ川の河川港から、粗末な木造船に樽詰めしたバーボンを積み込み、川を下っていったことを述べた。タバコや麻なども特産品として南へ送られた。
 オハイオ川からミシシッピ川を下り、ニューオーリンズへと物資を運んだひとりに第16代大統領エイブラハム・リンカーンの父、トーマス・リンカーンがいる。トーマスは若い頃はさまざまな職を転々とし、蒸溜所で樽職人をやっていた時期もあるようだ。
 エイブラハムは1809年、ケンタッキー州の現ラルー郡に生まれた。その頃には父トーマスは農場主としてそれなりの地位にあった。1811年、ルイビルの南、エリザベスタウン近くのノブクリーク農場に引っ越し、1816年末に土地所有権のトラブルでイリノイ州に移り住む。後年、エイブラハムは幼少期を過ごしたノブクリークでの約5年間をとても懐かしんでいる。
 ケンタッキー州出身の第16代大統領に敬意を表し、この地の名を冠したバーボンがある。クラフトバーボン「ノブクリーク」。偉大な解放者と呼ばれ、エイブの愛称で21世紀のいまなお高い人気を誇る大統領のように、力強く、リッチな甘みで飲む者のこころをあたたかく抱き、魅了する。
 前回記事で述べたように、おそらくトーマスも、息子が誕生する以前にはニューオーリンズでバーボンや他の特産品を売り、また筏(いかだ)同然の木造船を解体してその材も売る、という効率の良い商売をしたことだろう。
 

アメリカからスペイン、イギリスと巡ったホワイトオーク

 
山崎スパニッシュオーク2020 EDITION

山崎スパニッシュオーク2020 EDITION

 さて、なぜ船の材も売れたのか。ニューオーリンズは1763年パリ条約でスペイン領になったのだが、スペイン船が本国へ帰国する際に、木材が船のバラスト(船を安定させるためのおもり)となった。その材というのがホワイトオーク(アメリカンオーク)だった。
 スペイン本国に戻ったときに、バラストのホワイトオークに目をつけたのがシェリー商人たちである。スパニッシュオークよりも樽に加工しやすく、シェリーを詰めてみると漏れにくい、しかも熟成効果も好ましい。貯蔵樽として最適であることがわかったのだ。
 つまり、ミシシッピ川を下ってきた粗末な木造船もホワイトオークだった訳で、解体した材をスペイン人が買ってくれたのだった。すでに19世紀初頭には、スペインのシェリー商たちのホワイトオークのストックは潤沢だったといわれている。
 ホワイトオークの樽に詰められシェリーは、シェリーを愛するイギリス(現在も最輸入国)へと輸出された。そしてその空き樽でスコッチウイスキーは熟成するようになったのである。バーボンの流通から、シェリー、スコッチウイスキーへとつながったのである。
 いまもシングルモルトにおいて単にシェリー樽熟成とある場合は、その樽材はホワイトオークと考えてよい。「ザ・マッカラン」がスパニッシュオークでのシェリー樽熟成にこだわるのは、スパニッシュオークならではの熟成効果を愛する故のもの。またサントリーはホワイトオークとスパニッシュオークのシェリー樽の両方を使い分けている。それぞれの樽種での熟成効果を期待するとともに、香味特性の異なるモルト原酒を豊富に揃えることに努めている。
 昨年の記事『いま、バーでおすすめシングルモルト・後編』で紹介した「シングルモルトウイスキー山崎スパニッシュオーク2020 EDITION」は、シェリー貯蔵後のスパニッシュオークの樽で熟成させたモルトウイスキーである。ホワイトオークのシェリー樽熟成ではない、と明示したものだ。
 アメリカからスペインへ、スペインからイギリスへ、ホワイトオークが巡り巡ったという歴史がある。
 

関連記事

バーボンとミシシッピ川とサラブレッドのおいしい話
いま、バーでおすすめシングルモルト・後編
バーボンの飲み方/カクテル篇
バーボンの飲み方/ストレート、ロック篇
バーボンの飲み方/ミントジュレップ篇
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。