老化は0歳から始まっている!25歳過ぎたらチェックして

aaa

「疲れてるの?」と聞かれたら「見た目」老化の始まりです!

老化は0歳から少しずつ進んでいます。生まれたばかりの赤ちゃんの肌は、みずみずしくシミやシワもありません。それが大人になるに連れて、紫外線、乾燥、細菌、ストレス、不規則な食事、睡眠不足などが原因で、肌も老化が進みます。

でも少しずつ老化が進むため、10代や20代では、なかなか自分の老化に気がつきません。

ちょっと自分の生活を振り返って次の5つをチェックしてください。「忙しいから」という理由に逃げ込んで、老化を見逃さないでください。1つでも当てはまる人は、そのウィークポイントを直し、3つ以上に当てはまる人は、根本的に生活を見直して、真剣にエイジングケアを始めましょう。

【アーリー・アンチエイジング度チェック 】

□ 「疲れている?」と人から言われることが増えた。
□ 疲れやすくなって、休んでも疲れが抜けない。
□ 風邪をひきやすくなった。
□ 便秘や下痢など、お腹の調子が悪い。
□ 朝の目覚めがスッキリせず、やる気が出ない。



疲れている? と聞かれたら「見た目老化」の証拠

あ

疲れが抜けないのは体の修復能力が衰えたせい!

人から「疲れている?」とよく聞かれるようになった人は、「見た目の老化」が進んでいる証拠。疲れ知らずだと自分自身で思っていても、外見は疲れに負けてしまっているのです。疲れても、「見た目が元気」に見えるようなエイジングケアが必要といえます。

休んでも疲れが抜けない人は、体力や回復力が落ちている証拠。若い肉体であれば、多少無理をしたり、ダメージを受けても、「修復能力」が高いので、すぐに元通りになりますが、老化が進むと「修復能力」が落ちます。そのため、疲れが抜けずにたまっていき、それが老化を加速します。

便秘・下痢は老化のサイン

あ

便秘・下痢は肌の老化を加速させる

風邪をひきやすくなった人は、免疫力という、自分の体を外敵から守る力が落ちているサインです。私たちのまわりにはたくさんのウイルスや細菌、有害物質があり、それを体の中に入れないようにがんばっているのが免疫力。免疫力も残念ながら年齢とともに低下します。

そのサインとなるのが風邪をひきやすい体質になったり、肌トラブル、目が腫れる、などの症状です。

便秘や下痢など、腸のコンディションが悪いのは、消化吸収能力が低下している証拠。そうすると、せっかく食べたものの栄養が髪や肌に行き渡らず、美容状態が悪化します。

目覚めの悪さは心の老化

あ

25歳は立派な中年だと思ってアーリー・アンチエイジングを

朝の目覚めが悪く、やる気が出ないのは、心の老化の始まり。新しい一日のスタートが憂うつな気分になってしまうのは、心のエネルギー不足、心の若さが不足しているサインです。


25歳は立派な中年!

これらのサインが目立ってくるのが25歳を過ぎた頃。「25歳はまだまだ女性として未熟」と考えている人も多いと思います。しかし閉経(月経とさよならする時期)の平均は50.5歳。

明治時代の女性の平均年齢は38歳ですから、25歳と言えばまさに中年! ターニングポイントなのです。と同時に、25歳という年齢は女性として最も輝いて美しい時です。25歳の肌や髪、プロポーションなどをしっかり覚え込んで、それを目標にエイジングケアを続けていくようにするといいでしょう。

ではそもそもなぜアーリ―・アンチエイジングが必要なのでしょうか?