目標設定が将来の成功を左右する

目標設定がなぜ大事なのか

目標設定がなぜ大事なのか

アメリカには「アイビーリーグ」といわれる一流大学が名をつらねる連盟があります。そこが大学の卒業生に対して行った調査によると、エール大学の卒業生は他の大学の卒業生と比較して高い成功を収めているという興味深い結果がでました。

学力的には差があまりないにも関わらず、なぜ、後の成功率に差がでたのでしょうか。それは、エール大学は4年生の授業で将来の目標設定とプランニングを取り入れているからだといわれています。

年の終わりにもなると、来年こそは、と目標設定をします。しかし設定した目標を達成しなくては意味がありません。そこで、今回は効果的な目標設定について取り上げます。

取り組む領域をたな卸しする

 目標設定となると、すぐに大きな目標を書きたくなりがちです。もし、「来年達成したいことをリストにしてください」と言われれば次のようなリストができるでしょう。
  • 年間売り上げを2倍にする
  • キャリアアップする
  • ネットワークを広げる
  • 部下を昇進させる
  • 体重を10キロ減らず
  • ゆとりのある生活をおくる
  • 勉強の時間を作る
しかし、このリストな対象も範囲もバラバラであり、定量化できるものとできないものがあります。また、場合のよっては、取り組みたい領域があるにも関わらず、ゴール設定したくてもすぐに意識上に上らない場合があるでしょう。

ですから、まずは、たな卸しするところからはじめましょう。以下のリストを使って、あなたが次の1年で手にいれたいことにチェックを入れてみてください。

●仕事について
□キャリアアップする
□スキルを身につける
□条件のよい仕事を見つける
□会社を興す
□部下育成する

●健康について
□ストレスを減らす
□運動をする
□アルコールを減らす
□減量する
□睡眠をよくとる
□たばこをやめる

●人間関係について
□家族との絆を深める
□職場のネットワークを広げる
□SNSの活動を活発にする
□気になっている人と和解する
□職場以外の人とのネットワークを広げる

そのほかにチェックをしていて思いついたものがあれば、付け加えていきましょう。

 改善したいことをリストアップする

 手に入れたいことをチェックしたら、次に日ごろ改善してみたいと思っていることを見直してみましょう。日常的に「こうなればいい」「ああすればよかった」などと思うようなことはありませんか。その中に取り組むことで次のステップへの移行できるものがあるかもしれません。そこで、改善したことをリストアップしてみましょう。

以下の問いに答えてみてください。

  1. 仕事やキャリアの中であなたが改善したいと思っていることは?
  2. 日常生活で改善したいと思っていることは?
  3. 家庭環境の中で改善したいと思っていることは?
  4. 専門的なスキルの中で改善したいと思っていることは?
  5. コミュニケーション能力で改善したいと思っていることは?
  6. 外見上で改善したいと思っていることは?
  7. 健康で改善したいと思っていることは?
  8. ビジネスで改善したいと思っていることは?
  9. 人生の質で改善したいと思っていることは?

改善したいと思っていることになんらかの方向性、共通性はありますか? もし仕事の領域で改善したいことが多いのだとしたら、仕事に対する取り組みに集中する必要があるかもしれません。もし、家族や生活に関する領域が多いなら、家族とも話し、共通の課題がないか見てみましょう。