お腹と背中のエクササイズ


チューブと床が水平になるように!

チューブと床が水平になるように!

1 両腕を左右に広げ、チューブが背中を通って一直線になるように両手で持つ。背筋をピンと伸ばして、しっかりお腹を引き上げて座ることがポイント。

 
お腹もしっかり引き上げて!

お腹もしっかり引き上げて!

2 肩の位置、腕の高さを変えずに、両手を正面で合わせる。背中の筋肉を使って腕を前に動かすように意識する。1→2→の動きを4秒ぐらいかけてゆっくり行い、10回繰り返す。

 

二の腕と体幹を鍛えるエクササイズ


背筋を伸ばして座る

背筋を伸ばして座る

1 お尻の下にチューブをしいて座り、両端を両手で持つ。背筋を伸ばして、お腹を引き上げて座る。

 
ゆっくり動かすのがコツ!

ゆっくり動かすのがコツ!

2 両腕を伸ばしたまま、肩の高さまで上げる。腕だけで上げるのではなく、体の脇の筋肉を使って腕を上げるようにするのがポイント。1→2→の動きを4秒ぐらいかけてゆっくり行い、10回繰り返す。

 

お尻と脚のエクササイズ


脚全体をしっかり伸ばす

脚全体をしっかり伸ばす

1 まっすぐ立ち、椅子の背などを使って軽く手を添える。チューブを足の親指にかけるか、土ふまずにかけて膝を伸ばし、膝裏と足の甲をストレッチ。

 
足先を遠くに伸ばすイメージ!

足先を遠くに伸ばすイメージ!

2 上半身の位置を変えずに、脚をさらに後ろに上げる。足先を遠くに伸ばすようなイメージで、高く上げていく。1→2→の動きを4秒ぐらいかけてゆっくり行い、10回繰り返す。反対側も同様に。

 

上半身側面ストレッチ


肘をピンと伸ばす!

肘をピンと伸ばす!

1 肩幅よりやや広めにチューブを持ち、腕を頭上に上げて肘もピンと伸ばす。あぐらになり、骨盤を立て、お腹を引き上げると、お腹のエクササイズ効果も◎。

 
上半身側面をしっかりストレッチ

上半身側面をしっかりストレッチ

2 1の状態のまま、上半身を左右にゆっくり傾け、上半身の側面をストレッチさせる。1→2→の動きを4秒ぐらいかけてゆっくり行い、左右往復で10回繰り返す。

 


自分の気になるパーツを集中的に鍛えられるのも「チューブダイエット」のメリットです。食欲の秋の対策法として、チューブを使ったエクササイズを取り入れてみると良いですよ!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。