震災を生き延びられた方の苦しみ「サバイバーズ・ギルト」 

顔を伏せている女性

震災生存者は命が助かったことによる苦しみを抱えることも多いのです

震災では、一瞬の差が生死を分けると言われます。
そんな中で助かった震災生存者の方のなかには、自身の幸運に感謝しながらも、次のような罪悪感に苦しめられてしまう方もいらっしゃいます。

「私があの人の命を犠牲にしてしまった……」
「どうして私だけが助かってしまったんだろう?」
「私さえいなければ、あの人を死なせることはなかったのに」
「役に立たない私が援助をしてもらうなんて、申し訳ない」

このように、震災や事故などの被害に遭い、命が助かった幸運によって罪悪感にさいなまれることを「サバイバーズ・ギルト」と言います。1995年の阪神大震災や2011年の東日本大震災に遭遇した生存者のなかにも、このような罪悪感を抱える方が見られ、注目されるようになった問題です。

声かけが逆効果になることも…注意すべき気遣いの言葉

「サバイバーズ・ギルト」のように強い苦しみを抱えた方の話を聞くとき、私たちはつい「気の利いた言葉」を探してしまいます。ところが、逆にその気遣いによって相手の心を傷つけてしまうことがあります。

以下の11の言葉は、兵庫県こころのケアセンターが発行する『サイコロジカル・ファーストエイド 実施の手引き 第2版』内の、家族や親しい友人を亡くした被災者を支えるときに「言ってはいけないこと」から一部を引用させていただきました。このように相手を思いやる気持ちから生まれた言葉も、当事者を傷つけてしまう恐れがあることを理解しましょう。

■ 家族や親しい人を亡くした被災者にかけるべきではない言葉
  • きっと、これが最善だったのです。
  • 彼は楽になったんですよ。
  • これが彼女の寿命だったのでしょう。
  • 少なくとも、彼には苦しむ時間もなかったでしょう。
  • がんばってこれを乗り越えないといけませんよ。
  • あなたには、これに対処する力があります。
  • できるだけのことはやったのです。
  • あなたが生きていてよかった。
  • 他には誰も死ななくてよかった。
  • もっとひどいことだって、起こったかもしれませんよ。あなたにはまだ、きょうだいもお母さんもいます。
  • 耐えられないようなことは、起こらないものです。
「サバイバーズ・ギルト」を例にとっても、浮かぶ思いは一人ひとり異なり、その思いは各人の経験や感じ方の中でしか生まれないものです。勇気づけよう、元気づけようと思ってかけた言葉に逆に深く傷つき、心を閉ざしてしまうこともあります。そのため、震災生存者の方とお話をする際には、細心の心配りが必要になるのです。

次のページでは「どんなことに心を配って会話をしたら良いのか」について考えてみます。