炊飯器で作る、シナモンアップルケーキ

所要時間:60分

カテゴリー:ケーキフルーツケーキ

 

すりおろしリンゴで作る、しっとりボリューミーなケーキ

小麦粉に材料を次々と混ぜていくだけでおなじみの、簡単な炊飯器ケーキのレシピです。りんごを皮ごとすりおろして加えるので、しっとり、もっちり、ずっしりとした重量感のあるケーキになります。ゆるくホイップした生クリームをかけて仕上げました。

シナモンアップルケーキの材料(5合炊き炊飯器用

主材料
りんご 1個(270g)
レモン汁 小さじ1
加塩バター 30g
はちみつ 20g
薄力粉 200g
ベーキングパウダー 小さじ2
砂糖 100g
2本指でひとつまみ
2個
牛乳 大さじ2
シナモン 小さじ1
仕上げ用
生クリーム 100cc
砂糖 大さじ1
ラム酒 小さじ1(省略可)
ガイドは、レモン汁の代わりにポン酢を使ってみました。

シナモンアップルケーキの作り方・手順

炊飯器でシナモンアップルケーキを焼く

1:リンゴをすりおろしてレモン汁を混ぜる

リンゴをすりおろしてレモン汁を混ぜる
リンゴを皮ごとすりおろし、レモン汁を加えて混ぜる。
ガイドは、レモン汁をポン酢で代用しました。

2:バターとハチミツを電子レンジで溶かす

バターとハチミツを電子レンジで溶かす
バターとハチミツを耐熱容器に入れ、電子レンジで加熱して取り出し、よく混ぜて溶かす。
ハチミツが煮立ってきたら取りだし、混ぜて余熱で溶かす

3:粉類を混ぜる

粉類を混ぜる
ボウルに小麦粉とベーキングパウダーをあわせ、泡だて器でグルグル混ぜる。次に砂糖と塩を加えてグルグル混ぜる。

4:卵、牛乳、リンゴ

卵、牛乳、リンゴ
小麦粉の真ん中に卵、牛乳、リンゴを入れて混ぜる。
最初に真ん中の部分を混ぜ、周囲の粉を取り込むように混ぜる

5:バターとシナモンを混ぜる

バターとシナモンを混ぜる
バターとシナモンパウダーを加えてよく混ぜる。

6:内釜に流し入れる

内釜に流し入れる
薄くバターを塗った内釜に流し入れる。
くっつかないと分かってる内釜なら、バターはぬらなくても大丈夫。

7:炊く

炊く
普通に炊く。
今回は白米3合が47分で炊き上がる炊飯器使用。50分でスイッチが切れて焼き上がり。

8:スイッチが切れたら取り出す

スイッチが切れたら取り出す
スイッチが切れたら内釜を取り出す。逆さにしてケーキを取り出し、網の上で冷ます。

9:生クリームをゆるく泡立てる

生クリームをゆるく泡立てる
生クリーム、砂糖、ラム酒(省略可)を合わせてゆるく泡立てる。

10:ケーキの上からかける

ケーキの上からかける
冷めたケーキの上からかける。

11:完成

完成
しっとりもっちりのシナモンアップルケーキ。切り分けて召し上がれ。

ガイドのワンポイントアドバイス

このケーキは、ふんわりではなく、しっとりもっちりボリューミーな仕上がりになります。ベーキングパウダーは、5g入りの小袋を使う場合は足す必要はありません。もっちり感がいく分増すだけです。材料は、さっくりというよりしっかり混ぜて、弾力のあるケーキにします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。