カルシウムがたっぷりとれる わかさぎの南蛮漬け

所要時間:60分以上

カテゴリー:メインのおかず南蛮漬け

 

カルシウムがたっぷりとれる わかさぎの南蛮漬け

骨が柔らかく、身がしっとりとしたわかさぎ。丸ごと食べられるのでカルシウムがたっぷりとれます。他にも鉄分やDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)などが豊富に含まれている栄養満点の魚です。さっぱりとした酸味と唐辛子のピリッとした辛さがアクセント。調味液にじっくり漬け込んだわかさぎは、お酒のおつまみにぴったりです。

わかさぎの南蛮漬けの材料(4人分

具材の材料
わかさぎ 40尾
小さじ1と1/2
片栗粉 大さじ3
サラダ油 鍋の5分目
たまねぎ 50g
パプリカ 赤 50g
調味液の材料
160ml
穀物酢 80ml
めんつゆ 希釈タイプ 80ml
醤油 大さじ1と1/3
みりん 大さじ1
大さじ1
砂糖 小さじ1
バルサミコ酢 または黒酢 小さじ1/2
赤唐辛子 輪切りにしてあるもの 少々
付け合わせ
リーフレタス 100g
鮮度の良いわかさぎは体に透明感があり、背のあたりが金色に輝いています。冷凍のわかさぎを使う場合は密封袋に入れ、袋の外側の端から流水を少しずつあてて解凍しましょう。

わかさぎの南蛮漬けの作り方・手順

具材の下ごしらえ

1:ボウルにわかさぎと塩を入れ、こすり洗いをする

ボウルにわかさぎと塩を入れ、こすり洗いをする
ボウルにわかさぎを入れ、塩を加えます。指先を使って軽くこすり洗いをします。
塩を入れて軽くこすることで表面のうろこがとれ、汚れが浮き出てきます。身が柔らかいのでやさしく扱ってください

2:流水で洗い、ザルにあげる

流水で洗い、ザルにあげる
流水でわかさぎを軽く洗い、ザルにあげて水気を切っておきます。

3:たまねぎ、パプリカを切る

たまねぎ、パプリカを切る
たまねぎは皮をむき、パプリカは軸と種を取り除きます。共に、食べやすい大きさに薄くスライスします。

わかさぎを揚げる

4:片栗粉をまぶす

片栗粉をまぶす
わかさぎに片栗粉を薄く均一にまぶします。
わかさぎの表面に水気が残っている場合はペーパータオルなどで拭き取ってください。水気が残っていると油ハネの原因になります

5:160℃の油で揚げる

160℃の油で揚げる
鍋にサラダ油を入れ、火にかけます。油の温度が160℃程度(菜箸を入れ、箸先から細かい泡がシュワシュワと出てくるくらいが目安)になったらわかさぎを入れ、薄いきつね色になるまで5分程揚げます。
一度にたくさんわかさぎを入れると、油の温度が急激に下がり、きれいに仕上がりません。何回かに分けて揚げましょう

調味液に漬ける

6:調味液を合わせ、加熱する

調味液を合わせ、加熱する
鍋に調味液の材料を合わせ、中火にかけます。煮立ったら火を止め粗熱をとっておきます。
火を入れることでアルコール分や余分な酸味がとれ、味がまろやかになります

7:具材を漬け込む

具材を漬け込む
タッパーに調味液を1/3量を注ぎ、揚げたわかさぎを熱いうちに並べ、その上に野菜を敷きます。これを繰り返し、最後に残りの調味液を上から全体にかけます。一晩冷蔵庫に入れておきます。
わかさぎを熱いうちに調味液に漬けることで味が中まで染み込みます。途中、具材の上下の位置を変えると、味が均一になじみます

盛り付け

8:リーフレタスを切り、盛り付ける

リーフレタスを切り、盛り付ける
リーフレタスは軽く水洗いし、食べやすい大きさに切ります。表面の水気はペーパータオルなどで拭き取ります。リーフレタスを皿に敷き、上にわかさぎ、たまねぎ、パプリカを彩りよく盛り付けます。

ガイドのワンポイントアドバイス

わかさぎの他に、生鮭、タラ、かれい、豆あじなどでも美味しく召し上がれます。豆あじの場合はエラと内臓を取り除いてください。豚肉や鶏肉を使ってもOKです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。