アレンジ自在なシンプル野菜スープ

所要時間:20分

カテゴリー:スープ野菜スープ

 

基本の野菜スープで『ちゃんと食べる』を始める

自炊をしたい、始めたい。でも、大変そう。時間がない……。そんなふう思っている一人暮らしの第一歩におすすめしたいのが、このスープです。

冷蔵庫にある野菜をざくざく刻んで、鍋に入れて、あとは煮込むだけ。簡単に作れて、野菜もたっぷり食べられて、おまけに多めに作り置いておけば、ほんの一手間で違った料理にアレンジ可能。料理を作る時間がない日でも、ちゃんと自炊したご飯が食べられますよ。

なお、このスープを使ったアレンジレシピは『作り置きで簡単!野菜スープのパングラタン』にあります。あわせてご覧ください。

シンプル野菜スープの材料(6杯分

シンプル野菜スープの材料
にんじん 1本
たまねぎ 2個
キャベツ 6枚
ベーコン 2枚
スープの素 1個
1000ml
大さじ1
こしょう 少々
パセリ (あれば)少々
ここに紹介したもの以外にも、大根やピーマン、セロリ、ブロッコリー、キノコ類など、冷蔵庫に残っているものでOK。ただし、冷凍保存をするなら、じゃがいもは避けた方がいいでしょう。なお、今回は1人分では作りにくく、また作り置きをおすすめしたいメニューのため、6杯分での紹介です。

シンプル野菜スープの作り方・手順

シンプル野菜スープの作り方

1:野菜を切る

野菜を切る
にんじんを1cm程度の角切りに、玉ねぎとキャベツ、ベーコンも1cm程度の大きさに切ります。
野菜の大きさが揃っていると、食感がよくなります。

2:煮込む

煮込む
鍋に野菜とベーコンと水、固形スープの素を入れて、火にかけます。野菜に火が通れば食べられますが、20~30分ほど煮込むと、旨みが出てきます。

3:味を整える

味を整える
塩こしょうで味を整え、みじん切りにしたパセリを散らしたら、できあがり。

4:スープをアレンジする

スープをアレンジする
【スープのアレンジ方法】牛乳やトマト缶(トマトピューレなどでも)、カレー粉などを加えると、いろいろな味を楽しめます。写真は、スープ(1.5カップ)にトマトピューレ(大さじ2)を加えて、スパゲティにかけ、粉チーズとブラックペッパーをふり、バジルを添えたものです。

ガイドのワンポイントアドバイス

そのまま温め直して、パンを添えれば、簡単な朝食に。スープにご飯を加えれば、リゾット風にも仕上がります。冷蔵庫に入れておけば、2~3日は冷蔵保存ができます。それ以上になるときは、一食分ずつ小分けにして冷凍保存を。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。