チャールズ・ダーウィン

『ダーウィンはいつも疲れていましたが、その原因は精神的?!』
『ダーウィンはいつも疲れていましたが、その原因は精神的?!』
今回は進化論で有名なチャールズ・ダーウィン(1809~1882)の話です。進化論によると、人も猿も大昔は同じという事で、もしかしたら地球は“猿の惑星”になっていたかもしれませんね。では、ダーウィンがどんな人であったかを簡単に紹介いたします。

ダーウィンは英国の首都ロンドンの郊外に生まれました。子供の頃より科学に興味を持っていたダーウィンは兄と一緒に小さな化学室を作り、いろいろと実験をして遊んでいました。しかし、お母さんは子供たちがガス爆発を起こして家が吹き飛ばされないか心配でした。

ダーウィンは学校の勉強をさぼりがちで成績は良くありませんでした。このまま怠け者になってしまうのを心配した医者の父親は、ダーウィンに医学校に行くのを薦め、医学生になりました。

しかし、手術を見学した際、血の光景にショックを受けた彼は医学の勉強が嫌になってしまい、今度は、教会の牧師になろうとケンブリッジ大学に行きました。


ビーグル号に乗って世界一周
“種の起源”で進化論を発表

ダーウィンは大学を卒業後、ビーグル号の科学探検隊(1831~1836)に加わり、五年間をかけて、各地の植物、動物を観察したり、標本を採りながら世界一周しました。特に太平洋の孤島ガラパゴス島の風変わりな自然は、彼が進化論を生み出すのに大きな影響を与えました。

1859年にそれまでの研究がまとめられ、“種の起源”が発表されました。そこでは進化論と自然淘汰の説が説明されています。“人も猿も先祖は同じ”とは当時の人々の宗教的信念に反していて、大きなセンセーションが巻き起こりました。


航海から帰った後、消えない疲労感

ビーグル号の航海から帰ったダーウィンは体調が優れませんでした。疲れやすく胃腸の悪い状態は一生続いてしまいました。寝たきりに近くなり一日に数時間しか活動できない時もあります。本人は航海中のひどい船酔いのせいだと信じていましたが、検査をしても異常は見つからないので、友人たちは心気症だと思っていました。

彼の原因不明の病気は、死後いろいろ取りざたされました。当時、知られていない病気の可能性もあり、ある人は、ダーウィンがアルゼンチンの草原で昆虫の大群に襲われた際にシャーガス病(寄生虫の一種)に感染したと言いました。しかし、ダーウィンの症状とつじつまの合わない点もあり、現在では精神的なストレスが体の症状として現れたのではと考えられています。

ダーウィンの症状は普段はそれほどではなくても、特に進化論の執筆中にひどくなったようです。そのため、彼の“進化論”こそが、ダーウィンにとって大きなストレスとなり、体の症状として現れたと言われています。進化論がダーウィンの病の起源とは意外ですね。

<注>上記の写真は、Charles Darwin: The Power of Place(Amazon.co.jp)から引用しました。


<All About関連記事>
太宰治の心の病?心の病気と有名人VOL1
カーペンターズのカレンと拒食症?心の病気と有名人VOL2
元英国首相チャーチルとうつ病?心の病気と有名人VOL3
妄想と戦う天才トランペッター?心の病気と有名人VOL4
アメリカンドリームの女性歌手?心の病気と有名人VOL5
バイ菌を恐れた大富豪?心の病気と有名人VOL6
作家ヘミングウェイの絶望?心の病気と有名人VOL7

病気でないか心配でたまらない
もしかしたら私は悪い病気かも?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項