AIDS,SARSといった病気が現れるたびに、もしかしたら、自分は、そういった病気なのではと、心配になり、何度も病院に検査にいらっしゃる方がいます。いくら、大丈夫と説明しても、不安になり、また、検査を希望します。これは、心気症といわれます。


診断の際のポイントは
・悪い病気にかかっているのではと恐れている
・6ヶ月以上続いている
・社会生活を送る際の障害となっている

です。

治療は簡単ではありません。
患者さんは、自分では、精神的な問題とは思っていませんので、精神科を受診するように言われても、大変嫌がられます。集団療法といって、グループで心理カウンセリングをうけて、同じような人との交流やサポートを通じて、不安、恐怖を軽減させる事が行われています。

AllAbout 関連サイト
神経症圏リンク集
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項