ADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療法

おもちゃで遊ぶ乳幼児

ADHDは決して稀な病気ではありません

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は幼少時から発症し、注意不足、多動、衝動性などの為に、学習や行動に問題が生じやすくなってしまう病気です。

未治療のままでいると、学習についていけなかったり、問題行動を起こしてしまったりといった行動が起こり、自分に対して自信を持てず、周囲に溶け込めない、周りから仲間として扱われないといったネガティブな状態が生じてしまいます。さらに、自分を取り巻く環境に反感を覚えることから、反社会性パーソナリティ障害が生じてしまう可能性もあるため、小児期に適切な治療を受けることが大変重要です。

ADHDの発症には生物学的、環境的、心理的な要因などが複合的に寄与していますが、生物学的要因の寄与が大きいと考えられており、薬物療法が重要な治療法となります。以下に、ADHDの治療法をまとめます。

薬物療法によるADHD治療法

小児期の薬物療法としては、脳を刺激する治療薬が主に用いられます。中枢神経を刺激すると、一見、ADHDの特徴である注意不足、多動性、衝動性を悪化させるように見えるかもしれません。

脳を刺激するとADHDの症状が改善するのは、注意を保ち、行動や衝動をコントロールするためには、脳が十分、覚醒している必要があるからです。つまり、治療薬により脳の覚醒度を上げることで、症状が改善するということです。

ADHD治療に有効な行動療法・周囲のサポート

その他の治療法として、集中力を高めるように訓練する「行動療法」や「環境調整」などがあります。また、家族が子供の問題行動を、病気の症状として見ることができるように、ADHDに対する正しい知識、理解を持つことは必須です。子供が治療薬を飲み忘れていないか確認したり、症状が悪化しているような時は病院へ連れて行くなど、家族のサポートは病気の予後を左右する重要な要素になります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項