恐怖症とは……何かに強い嫌悪感や恐怖感を覚えすぎる問題

 トライポフォビアとは

恐怖や不快な気持ちを引き起こす、その何かは人それぞれ。何ともない人にはただの「蓮の実」の写真でも、鳥肌が立つほど気持ちが悪くなる人もなかには、いらっしゃるかもしれません


「できれば絶対見たくない」、「見ただけで鳥肌が立つ」、あるいは、「生理的にムリ」といった苦手なものがある方は、意外に多いかもしれません。例えば、もし突然目の前にゴキブリが現れたら、噛まれる事を怖れてといった訳ではなく、その気持ちの悪さに思わず悲鳴を出す方は結構いらっしゃるかもしれません。

こうした何かへの嫌悪感は、通常、日常生活で大きな問題にはなりにくいですが、場合によっては、何かへの不快感が通常のレベルをはっきり超えている場合もあり、そうした際は、精神科での治療が望ましい、「恐怖症」のレベルになっている可能性もあります。

それでその「恐怖症」は、実は精神疾患の中では最も頻度の高い問題の1つです。その頻度に関しては、仮に100人の人がいれば、そのうちの5~10人に関しては、日常、強い不安や恐怖を覚える何かがあり、それに対する恐怖症が成立していると推定されています。

今回は恐怖の対象が、小さな穴の集合体やブツブツなどの、いわゆる「トライポフォビア」を詳しく解説します。

<目次>  

トライポフォビアとは……小さな穴の集合体に恐怖する気持ち

まず、「トライポフォビア」という言葉はいかにも病名らしい、そしてこれまでに見聞きした名前かもしれませんが、まだ正式な病名ではないことは、はっきり指摘しておきます。それで「トライポフォビア」の内にある「フォビア(phobia)」は、英語で「恐怖症」を指す語です。そして、その前部分に恐怖の対象を、ギリシア語などであらわす事が、精神医学で具体的な恐怖症をあらわす際の一般的な言い方です。

例えば、閉所恐怖はクラストフォビア、水への恐怖はハイドロフォビアといった具合です。そしてこのトライポフォビアの「トライポ」は「小さな穴」を表すギリシア語から来ています。

そうした小さな穴がブツブツ集まる、蜂の巣や蓮の実などが苦手な人は、かなり以前からいたはずですが、それを意味する「トライポフォビア」が世間に出てきたのは、比較的最近の話で、それは10数年ほど前、ネット上で誰かがこの言葉を使用したのが、きっかけだとも言われています。
 

恐怖症の好発年齢・原因……別のものへの恐怖感が影響することも

恐怖症を発症する年齢にはピークが2つあり、まず5歳から9歳までの小児期が最初のピークで、もう1つは20代前半です。

その最初のピーク、5歳から9歳までの小児期では、恐怖症の対象は、動物や雷、地震など自然の中の何か、あるいは自然現象に関わるものが多いです。一方、何か社会的な状況を恐怖の対象にするケースは、恐怖症のもう1つのピーク、20代で現れやすい問題です。それで、今回のトライポフォビアでは、その対象は、ブツブツ模様で、それは無論、社会的な状況ではなく、自然の中に存在する何かですので、そうした恐怖症のピークが出る、小さな子供の頃から、ブツブツをかなり苦手にしていたかもしれません。

恐怖症の発症要因に関しては、他の精神疾患と同じく不明な点が多々ありますが、恐怖症の場合、精神分析などを通じて、何か心理的な要因がはっきりすることもあります。

例えば犬、猫など動物への恐怖は小児期に現われやすいです。これから大人になっていくためにクリアしなくてはならない、その時期特有の発達課題が、それに関わる場合もあります。精神医学では有名な、「馬に恐怖を覚える少年」が、その分かりやすい例です。それは、精神医学の大家、フロイトが、馬に強い恐怖を覚える少年を精神分析した際の話で、少年の馬への恐怖は、その年代特有のエディプス・コンプレックスが生み出したものだと、フロイトは説明しています。それは、「少年が本来恐れる対象は実は父親でしたが、現実的には父親を恐れることは許されないので、代わりに(自覚なく)馬を恐れるようになった」といった話で、その少年の恐怖症に関しては、大変説得力があります。

この例でもそうですが、恐怖症の対象は、その当人が本来、何らかの恐怖を覚えている、何かの代わりになっている可能性もあります。今回のトライポフォビアの場合、視覚的にインパクトのある、ブツブツの集まりに1種の拒否反応が出るわけですが、それはそうした「模様」を見た際に、感染症などで起き得る皮膚の病変など、自分が危険に感じる何かを想起させている可能性も、トライポフォビアの要因として、これまで指摘されています。

 

恐怖症は克服すべき? 治療の目安と治療法

「恐怖症」は、そのレベルがそれほどでもなければ、なるべくその対象を見ないようにすれば、よいでしょう。

しかし、はっきり恐怖症と精神科で診断できるようなレベルになれば、話は別です。そうした際は、その何かへの恐怖が生み出すストレスはかなり深刻なはずです。そして、深刻なストレスは、それ自体が、うつ病やアルコール依存症などのリスク要因。実際、恐怖症では、うつ病やアルコール依存症など、その恐怖症以外にも、何か精神科的な問題が現われやすいです。また、恐怖の対象を避けるために費やされる時間も労力も、日常生活にかなりの負担を掛けます。

今回のトライポフォビアでは、恐怖の対象が「小さな穴の集まり」なので、日常生活では比較的避けやすいと思います。しかしもし、それを目にしただけで気分が急に悪くなったり、飲酒やニコチンなどを求めてしまう場合、恐怖症の可能性にもご注意ください。

もし仮に「恐怖症」に近い状態ならば、精神科的な対処が通常、事態を解決する上で、最も役立ちます。しかし恐怖症は、それ自体を理由に、病院を受診される方はかなり少ないです。

病院での治療は、いわゆる精神療法が基本です。具体的には、「暴露療法(exposure therapy)」、「認知行動療法」といったものがあります。そのそれぞれに関しては、まず最初の、暴露療法は、その言葉どおり、恐怖を覚える対象に段階的に暴露(expose)していきます。言葉を変えれば、その怖さに慣れていく、やり方です。次の、認知行動療法は、まずそれは代表的な精神療法のタイプだと、指摘しておきます。その内容に関しては、当人のそれへの恐怖を必要以上に増幅させている、当人の頭のうちにある何かを、まずはっきりさせておいて、そしてそれにストップを掛けることで恐怖感を減じていくようなやり方です。

また、治療薬も状況に応じて使われるでしょう。その状況自体は、その何かへの恐怖が生み出す問題に対処すべき場合もあれば、恐怖症に伴いやすい抑うつ症状などに対処が必要な場合もあります。l

以上、今回は恐怖症の一つとして、トライポフォビアを取り上げました。実際、以前からそのような模様に、あまり良い気がしない方は少なくないかもしれません。もしかしたら、このトライポフォビアという言葉は、自分が今まで嫌いに思っていた、それを初めて認識するきっかけになったかもしれません。もし仮にそうならば、これまで日常生活に問題は特になかったはずなので、恐怖症の心配は必要ないかと思いますが、なぜ自分はそれを気味悪く感じるのかという問題は、改めて考えると、意外に興味深いテーマかもしれません。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項