メンタルヘルス ガイド 中嶋 泰憲

なかじま やすのり

慶応大学医学部卒業後、カリフォルニア大学バークレー校などに留学。留学先でのカルチャーショックから、自身も精神的な辛さを感じたことを機に、現代人のメンタルヘルスの重要性を悟りました。精神病院の現場から、みなさまの毎日の心の健康管理にお役に立てるよう、メンタルヘルスに関する情報発信を行っていきます。

ガイドからの挨拶

こんにちは、中嶋 泰憲です。突然ですが、あなたにとって、幸せな生活に必要なものは何でしょうか? 近年では、幸せの条件を聞かれたとき、「心の健康」をあげる人も多いようです。どんなに経済的・物質的に満ち足りていても、気持ちが冴えず、何もやる気がしないような沈んだ状態では、毎日の生活を楽しむことはできません。こうした状態が深刻で、かつ一定の期間持続してしまうと、心の病気の可能性が出てきます。心の病気は決して稀なものではありません。日常的な憂鬱な気持ちやイライラは、多くの人が経験しているでしょう。一方で心の病気は、体の病気と同じように正しくケアされるべきという認識が遅れ、今でも個人の性格や怠慢が疑われるなど、誤解を受けてしまうこともあります。近年では、「うつ病」「依存症」「ドメスティック・バイオレンス」などの精神医学的な言葉が、マスコミでもしばしば取り上げられるようになりました。心の病気の正しい知識が必要だということは、みなさまも十分、認識されていると思います。このサイトでは様々な情報が飛び交う心の病気について、正しい知識を解説していきたいと思います。

ガイドの新着記事

  • 病気不安症とは……病気かもしれないという強い不安感

    病気不安症とは……病気かもしれないという強い不安感

    「自分は癌なのではないか」「何か悪い病気にかかっているのではないか」……。これまで「心気症」と呼ばれていた「病気不安症」。病院受診や検査で異常なしと言われても、病気かもしれないという強い不安感が消えないまま長期化し、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。病気不安症の原因、症状、克服法、精神科での治療法について詳しく解説します。

    掲載日:2017年08月18日メンタルヘルス
  • 幸せ過ぎは躁状態?多幸感に潜む心の病気とは

    幸せ過ぎは躁状態?多幸感に潜む心の病気とは

    何だか幸せいっぱいでハイテンションで活動的。自信に満ちあふれて新しいアイディアも次々に湧いてくる。睡眠時間が短くても平気で、多弁になる……。根拠なき過剰な「多幸感」で躁状態の場合、注意が必要です。双極性障害などの気分障害を始め、思わぬ心の病気が原因の可能性もあります。症状の特徴、チェック法、対処法を解説します。

    掲載日:2017年08月07日メンタルヘルス