写真は、 Hughes: The Private Diaries, Memos and Letters : The Definitive Biography of the First American Billionaire (Amazon.co.jp) から引用しました。
ハワード・ヒューズ

今回、登場する人物はアメリカの大富豪ハワード・ヒューズ(1905 - 1976)です。

ハワード・ヒューズは、1905年、テキサス州のヒューストンに生まれました。

彼の家は、油田開発に不可欠な掘削機を製造する会社をやってましたが、父親が亡くなってしまい、会社を継ぐ事になりました。
ハワード・ヒューズが18歳の時です。

その会社の豊富な資金を元に、彼は、さまざまな分野へ乗り出して行きます。


飛行機乗り・映画監督・実業家

飛行機に夢中だった彼は、自ら飛行機野郎となり、世界一周記録など、幾つかの世界記録を作りました。ハワード・ヒューズは映画監督としても大成功で、「ならず者」、「地獄の天使」などが彼の代表作です。実業家としては、航空会社のTWAなど多数の会社を所有し、巨万の富を築きました。

このように、信じられない成功を収めたハワード・ヒューズの身に何が起きたのでしょう?


エスカレートするバイ菌への恐れ

ハワード・ヒューズのバイ菌への恐れは1940年代に始まり、次第にコントロールが利かなくなったのです。

日常のさまざまな事に、バイ菌が付かないよう詳細な指示を、家人に出すようになり、一例として、浴室のキャビネットの補聴器(バイ菌が付かないよう封筒に入れてあります)の取り出し方を紹介します。

・浴室のドアのノブを回す際には、6~8枚のティッシュを用いる。
・次に石鹸の入ったキャビネットを新しいティッシュ6~8枚を用いて開ける。
・使用していない石鹸を取り出し、手を洗う。
・次に、補聴器の入ったキャビネットを最低15枚のティッシュを用いて開ける。
・補聴器の入っている封筒は、最低15枚のティッシュを用いて、両手で取り出す。


強迫神経症

このような彼の強迫的な症状は、強迫神経症と呼ばれます。彼は、強迫神経症の治療を受けなかった為、バイ菌への強迫観念に完全に支配されてしまい、バイ菌を恐れて、部屋に閉じこもり、人前に姿を出す事もなくなりました。


悲しい最期

ハワード・ヒューズは、病院へ向かう途中、自家用ジェットの機内で息を引き取りました。
病院へ運ばれた彼の遺体は、痩せこけていて、あたかも捕虜収容所から抜け出たかのようです。

かつての背の高い金髪のハンサムガイで、ハリウッド女優と噂のあった彼とは、その遺体が、あまりに違う事や、20年以上も人前に姿を見せていない為、誰も本人と確認できないので、FBIは、指紋を照合して、その遺体がハワード・ヒューズ本人であると確認しました。

『 次回は、強迫神経症の治療についてお話致します。 』


<All About関連記事>
太宰治の心の病?心の病気と有名人VOL1
カーペンターズのカレンと拒食症?心の病気と有名人VOL2
元英国首相チャーチルとうつ病?心の病気と有名人VOL3
妄想と戦う天才トランペッター?心の病気と有名人VOL4
アメリカンドリームの女性歌手?心の病気と有名人VOL5

手洗いせずには、いられない
大雑把のすすめ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項