「無反応=無関心」、「反応薄=見込み薄」とは限らない

冒頭にも述べたとおり、始めから商品が欲しくてたまらないというお客さん、始めから買う気満々なそぶりを見せてくれるお客さんは少ないことを念頭におきましょう。だから、仮に相手の反応が悪くても、うろたえる必要はないのです。

まずは、お客さんの関心をキャッチする小道具(=キーワード)を準備をして臨む。営業マンと商品はセットで見られていることを忘れずに。あなたが商品価値を下げないためにも堂々と振舞いましょう。それだけでなく、商品価値を高めてくれるかもしれません。

■関連記事

お客が求める営業担当者像とは

相手の好みを知るリサーチ力

好感度と○○を引き出すリアクション術

タフなお客ほど、実はオイシイ 行きたくないお客ほど訪問せよ

初めて会うお客との関係づくり 心の武装を解くページング



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。