自分と他人に感謝を伝える

最後の1つは、ご機嫌でいる最も大事なヒントです。それとは「自分と他人に対し感謝の意を表すこと」です。毎日、あなたが感謝の念を持ったことを3つ考えます。「今日も健康でいられた」「上司の○○さんが気遣ってくれた」「部下の○○君が成長した」など、心地よさを感じたり、うまくいったことに目を向けることを続ければ、おのずとご機嫌の度合は上がり、それは周りにも良い波及効果を及ぼします。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。