川
国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所が発表している「淀川・宇治川・木津川・桂川における浸水想定区域図」。黒く見えるところが浸水深5メートル以上の一番危険な地域。
梅雨、台風の季節になると心配になるのが水害。毎年、川の氾濫などがニュースになっています。集中豪雨などの大雨が長時間続き、普段は静かな流れを見せる川も一転して凶器となってしまいます。

とはいっても、自然災害の中でも予測しやすいのも事実。予想できる被害をきちんと調べて対策を練りたいものです。今回は、関西でも一番大きく影響の大きい「淀川」の洪水予想を見てみます。

国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所が発表している淀川・宇治川・木津川・桂川における浸水想定区域図は、2000年(平成12年)に東海地方で甚大な被害をもたらした東海豪雨の時と同じ量の雨があった場合を想定したシュミレーションです。この中で、一番被害が多いと思われる「浸水深 5メートル以上」のエリアを中心にご紹介しましょう。


木津川:JR学研都市線と奈良線の間が危険地域

淀川は、桂川、宇治川、木津川が合流して流れています。まずは、上流の川から見てみましょう。 「木津川」は、京都府の木津町・京田辺市・八幡市を流れ、宇治川や桂川とともに淀川に合流しています。この木津川は、三重県から西に向かって流れてきますが、京都府の木津町あたりで進路を北に変え、八幡市に至っています。

この「木津川」での洪水要注意エリアは、木津町、精華町、京田辺市の両岸。ちょうど、JR奈良線とJR学研都市線に囲まれた範囲です。JR木津駅から、奈良線と学研都市線がわかれるのですが、この駅周辺から、浸水危険地域が始まっています。ちょうど木津駅や木津町役場があるエリアも危険地域になっています。

その後、木津川は進路を北に変え、木津川をはさんでJR奈良線とJR学研都市線が平行して走っています。この木津町から京田辺市の間の両岸、JR奈良線と学研都市線の間が危険地域になっています。JR学研都市線の駅でいうと「祝園(ほうその)」「下狛(しもこま)」「三山木(みやまき)」「京田辺(きょうたなべ)」「大住(おおすみ)」あたりですね。この間の駅「同志社前」は、ちょうど川が蛇行しているところ。このエリアだけは危険度が低くなっています。

その後、進路を西向きに変えながら淀川に合流するのですが、その合流するまでの間での危険度が高いエリアは八幡市の南岸。八幡市役所があるほうですね。かなり広いエリアで5メートル以上の浸水が予想されています。要注意ですね。


宇治川:伏見区向島が広範囲で危険エリアに

次に「宇治川」を見てみましょう。宇治川は宇治市の天ヶ瀬ダムから流れてきて、淀川に合流しています。ここでの危険エリアは、宇治川の南側、近鉄京都線より西のエリア。近鉄京都線の駅でいうと「向島」あたりです。このエリアの線路より西側が広範囲にわたって危険エリアになっています。向島周辺は川から少し離れており、洪水といってもピンとこないかもしれません。地形によっては、川べりよりも危険なエリアもありますね。

対岸の宇治川より北に位置するエリアは、比較的危険度が低くなっています。だた、国道一号線と交わるあたりだけは危険度が高いようです。


桂川:下流の伏見区淀周辺のみ危険

桂川は、京都市の嵐山などを経て京都市内を流れ、木津川や宇治川と同じように淀川に合流する川です。この桂川での危険地域は、淀川と合流する直前のエリアにあります。京都市伏見区淀あたりで、川の西側一帯。ちょうど、京阪本線「淀駅」や「京都競馬場」の反対岸のほうですね。

このように見てみると、木津川、宇治川、桂川の合流する直前エリア一帯に広く危険地域がでています。3方向から水が集まってくるので、充分注意したいところですね。ちなみに合流するポイントから一番近い駅は、阪急京都線「大山崎」とJR京都線「山崎」の両駅。気をつけたいエリアです。

次のページでは、淀川のほうを見てみましょう。