春の薬膳をつくるコツ

■風邪を取り除く
風邪は“ふうじゃ”というのが正しい言葉ですが、風の邪気と書くように、風邪のように症状がころころと変化・進化し、ほかの症状をつれてきたりするので厄介です。風邪は万病の元といわれますが、春はこの“風邪”によるトラブルが多いので、風邪を追い払う発汗作用のあるものを摂りましょう。

食材:しそ、しょうが、シナモン、ねぎ、ごぼう、ミントなど

■血液や水分を補う
春になると肝の機能が活発になるのですが、必要な体液や血液も失いやすい時期です。充分に栄養を補いましょう。

血液を補う食材:牛肉、鶏肉、レバー、キャベツ、卵、ほうれん草、黒ゴマなど
体液を補う食材:長いも、ゆり根、豆乳、なまこ、あさり、しじみ、くらげ、蟹など

■肝の機能をコントロールする
肝がオーバーヒートしやすいのが春なので、肝を落ち着かせ、正常にする働きのあるものがおすすめです。

食材:セロリ、せり、三つ葉、あわび、菊の花、ミントなど

■消化吸収機能を整えよう
消化器系の総称を脾(ひ)といいますが、肝と脾の関係は密接で、ストレスで肝の調子が悪くなると脾に悪影響を与え、下痢や便秘になったりします。

食材:長いも、はと麦、とうもろこし、じゃがいも、かぼちゃ、そら豆、鶏肉など
 

注意するポイント

春には酸味を摂るといいといいますが、摂りすぎると収れん作用が強くなりすぎて、筋肉や筋をこわばらせたり、発散させる働きを妨げるので気をつけましょう。

自分の体調や体質をみながら、上記のような春の対策食材を加味することが大切です。

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項