全身の緊張を緩め、老廃物排出を促す
『リフレクソロジーラボ』

 
施術後はハーブティーでさらにリラックス

施術後はハーブティーで更にリラックス

 

リフレクソロジーとは足裏などの反射区を指で刺激する健康法。そのときの疲れ具合や、疲れている箇所に合わせてコースが細かく選べます。

ガイドは日頃パソコン作業が多いので、フェイス&ヘッド&イヤーコースを体験! 30分ほどの施術で、メニューの名前通り目の周りや頭部のコリが取れてスッキリしました。眼精疲労や頭痛が気になる人にもよさそうです。

このほか、全身の巡りを改善してくれるフルボディーコース、がちがちの肩こりに嬉しい首から腰、手のひらまでの上半身アッパーハーフコース、足の疲れやむくみをほぐす膝から足裏までのローワーハーフコースなど、様々なコースがありました。

トリートメント技術は、リフレクソロジーラボの総合監修は竹内喜美江氏によるもの。アロマオイルはロート製薬が出しているオーガニックエッセンシャルオイルを使用しているそうです(商品名は「ヴィダローム」)。お気に入りの香りに出会ったら、サロンで購入することもできるそうです。

■リフレクソロジーラボ
〒105-0014東京都港区芝1-7-5 7F
ロート製薬スマートキャンプ内
Telephone:03-5442-6095 完全予約制
営業日時 12:00- 20:30/毎週月曜~金曜(祝日、年末年始を除く)
当日最終受付 20:00まで


本格的なフットストレス判定が受けられる
『フットストレスラボ』

 
歯医者さん?! いえいえ、足裏が専門です

歯医者さん?! いえいえ、足裏が専門です

 

最初に科学的根拠に基づいたフットストレス判定を受け、足の状態に合わせた施術メニューを決めてもらいます。足の重心がどこにあるかを見ることで、歩き方や姿勢などの生活習慣のクセや、タコの出来やすい場所が一目瞭然!という高機能な判定マシーンでした。

ガイドは前に重心がかかるクセがあるのですが、まさにその場所の皮膚が硬くなっており、負担がかかっていることが客観的にも判明。この結果を元に、施術はフットバス、爪ケア、角質ケア、リンパドレナージュ(オイル)を含んだベーシックコースを受けることになりました。

角質を削られるのは痛いかなと思っていましたが、細かい振動で足の裏を這うローラーはまったく痛みもなく、むしろ気持ちいいくらい! 赤ちゃんのようなつるつるの足裏に仕上げてもらっている間、履いていた靴を殺菌・除菌・乾燥してくれるニクいサービスにも感激してしまいました。

どれも医学博士、永峯由紀子医師監修によるオリジナルケアメニューで、ベーシックのほかにも、爪ケア中心のコースやアーチの崩れをテーピングでサポートするより専門的なコースもあるようです。サロン内にはフットピラティススタジオも併設し、外反母趾のトラブルやセルフメンテナンス指導も受けられるとのことでした。

■フットストレスラボ
〒105-0014東京都港区芝1-7-5 7F
ロート製薬スマートキャンプ内
Telephone:03-5442-6095 完全予約制
営業日時 12:00-20:30/毎週月曜~金曜(祝日、年末年始を除く)
当日最終受付 20:00まで
http://www.rohto.co.jp/smartcamp/foot/index.html


漢方の知恵を活かした、製薬会社の隠れ家スペース「スマートキャンプ」。漢方のことはよく分からない、という人も、まずは一度体験してみる価値はありそうです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項