2007年の夏休みは台北で過ごしていたガイド。今回は特別レポート第1弾!ということで、台湾のコンビニでもお馴染みの煮卵、「茶葉卵」(茶葉蛋=チャーイェーダン)が家庭でもカンタン&おいしく出来る作り方をご紹介します。

image
圓山大飯店(ホテル)の朝食の茶葉卵。卵の殻をむくと、美しい大理石のような模様が……!


「道を歩けばコンビニに当たる」といわれるくらいに、台湾中には「便利商店」=コンビニが溢れていますが、その中でも必ずレジ付近にある、炊飯ジャーのような保温器に山盛り入っているのがこの「茶葉卵」です。

見た目は日本の煮卵に、恐竜のそれと同じようなひび割れの模様があります。でもこの味付けって……。そう、実はこの煮卵はウーロン茶と香辛料で煮ているのです。いわば台湾の薬膳卵といったところでしょうか。

では次のページで、台湾の大衆薬膳料理、茶葉卵の作り方に参りましょう!