「カニと柿」「生姜と黒砂糖」の関係は…?

イメージ
「梨」と「ゆり根」はともに肺を潤し、咳を鎮める作用がある
作用を高める組み合わせや禁忌の配合などをご紹介しましたが、具体的な食材や薬物を例にあげてみましょう。


単行
高麗人参のみの「独参湯」は、1味でエネルギーや血液を補い、元気をつける。

相須
「梨」と「ゆり根」はともに肺に作用し、咳や痰にいい。性能がどちらも強くない場合によく用いられ、薬膳でもつくりやすい例。

相使
「生姜」に「黒砂糖」を加えると、黒砂糖が生姜のカラダを温め、寒さを散らす作用をより一層高めることができる。

相畏や相殺
日本では刺身がいい例。「刺身」に「生姜」や「シソ」を添えるが、これは生魚の毒を薬味が取ってくれる。身体を冷やす作用も少なくなる。

相悪
「高麗人参」と「大根」。高麗人参は「補気」といって、元気を補うものだが、大根は「下気」といって、せっかく補った気を留めることができない。

相反
「カニ」と「柿」。両方ともカラダを冷やす食材で、一緒に食べるとお腹をこわす可能性もある。同じような作用に「牛乳と生魚」や「カニと牡蠣」がある。


「相悪」は組み合わせる材料の量をうまく加味すれば、「相使」になる場合もあります。食材や薬物のもつ作用をよく理解して、バランスよく配合することが漢方であり、これにより副作用を起こしにくくするというメリットもあるのですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。