事例・前例を用いるデメリット

二番煎じと思われる
前例があるということは、悪く表現するならば“その提案はオリジナルではない”とも言えるわけです。つまり二番煎じであり、受け手にとってみたら「うち向けの提案ではないの?」と思われるかもしれないということですね。

当然、そう思われないために対策が必要です。対策としては、語った前例・事例とはほんの少しでも違うところも盛り込んでおくことでしょう。前例をベースにして、スパイス的に2~3割程度のカスタマイズを加えるイメージですね。

事例・前例はどこから?

その事例・前例はどこから持ってくるのか? ビジネス的な提案ならば、“他社事例(他者事例)”と“自分の体験”の2つが王道でしょう。

自社・他社に限らず企業に対しての提案ならば、他社事例は非常に強力です。「他の会社さんはこんな事を実行して、高い成果を出していますよ」といった表現で用います。

逆に個人に対しての提案ならば、自分自身の体験談はとても有効。「私自身も○○をやっているのですが、とっても良いんですよね」といった形で話してあげる。

事例を的確に用いることで相手のほしい情報を伝えることができたり、納得感を得られる内容になります。案件にあった事例を用いて、相手の心をつかむプレゼンストーリーを作りましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。