企画・提案にリアリティを出す方法とは?

事例・前例を使うのには、メリットもデメリットもあります
企画書・提案書を書くにあたって、大切なことの1つは“リアリティ”です。リアリティの感じられない提案というのは、受け手にとって心を奪われない、なんとなく白けたものになってしまいます。

「この人、なんか頭の中のイメージだけで提案してきているな。実行したとしても、提案書のとおりにならなさそう……」と感じられてしまう。いわゆる“絵に書いたモチ”といったところ。では、そんな風に受け止められないために、どうやってリアリティを企画に盛り込めばよいのでしょうか?

企画・提案が“過去の誰かの体験談”であること

企画・提案にリアリティを演出させたければ、その企画・提案の内容を現実の世界(リアル)から持ってくるのが一番です。つまり、過去の誰かの実践事例を拝借してくるということ。イメージしやすいように、2つ事例を比較してみましょう。

たとえば、あなたが60年前のウォルト・ディズニーだとします。「ディズニーランドという夢のテーマパークを作りたい。そのための出資をお願いしたい」ということを投資家の人にプレゼンするとしたらどうでしょうか?

完成したディズニーランドの魅力を投資家に理解してもらうのは、なかなか難しそうな気がしませんか? それもそのはず。ディズニーランドが完成するより前の段階で、聞き手の頭の中には「夢のテーマパーク」像がないのですから。前例がないというのはこういうことです。

ただし、そうした前例・事例のないものにリアリティを込めることが、絶対に無理だと言っているわけではありません。現に、ディズニーランドは多くの人の協力のもと、完成して私たちの目の前にあるわけですから。ウォルト・ディズニーのような圧倒的なイメージング力と、それを人に伝える力さえあれば、無からリアリティを生みだすことはできるわけです(大変だけど)。