プレゼンにおける2つの誤解

画像の代替
プレゼンは情熱だけでも、情熱なしでも成り立たない

「プレゼンテーション」と「情熱」。これらの関係性について、2つの誤解があるように感じています。

1つは「プレゼンは情熱がすべて! 気持ちさえ伝われば、わかってもらえる」という誤解。情熱100%というタイプですね。

そしてもう1つは、「プレゼンは、話す技術で成り立つもの。そこに情熱なんてものの入り込む余地はない」という誤解。逆に情熱を100%否定するタイプですね。

どちらも極端な主張であり、真実ではありません。真実はその両極端の間、「熱いハートとそれを活かすスキル」にあるのです。

プレゼンにおいて情熱が果たす役割とは?

読者のみなさんは、こうしてプレゼンテーションに関する記事を読まれているくらいなので、「プレゼンは情熱がすべて!スキルはいらない」とは考えておられないでしょう。情熱がすべてならば、記事から学ぶものなどないわけですから。

しかし「プレゼンには情熱なんていらない」という情熱不要論の方もいらっしゃるかもしれません。そういう方に対しては「情熱のプレゼンにおける効用」をお話しする必要があるでしょう。

さて、ではプレゼンにおいて情熱は何の役割を果たすのでしょうか? ズバリ言うと「感情を揺り動かす」役割です。

感動の分だけ、お得感がある

たとえば、あるお客さんがA社とB社から提案を受けていたとします。そして、その提案内容はA社・B社ともに同等程度のもの。しかし、A社は「ぜひ、お客さんのためになりたい」という思いが強く、B社は「自社が儲かればよい」という考えだったとします。その思いがそのままお客さんに伝わったとしたら、きっと契約はA社と取り交わすでしょう。

これって、自然なことですよね。同じ提案ならば、相手の思いの分だけ、A社の提案のほうが心が動く。「そんなにうちのことを思ってくれてるんだ」という感動の分だけ、A社のほうがお得に感じるのです。

情熱というのは、発信側の「感情の揺れ」です。そして、その「感情の揺れ」は受け手にも伝染するのです。

次はいよいよ、情熱を伝える具体的方法について。続きは次のページ