プレゼンテーションの構成要素

素晴らしいプレゼンテーションを行うためには、どんなことに気を配る必要があるでしょうか?
例えば、笑顔。例えば、ボディランゲージ。こうした、いわゆる話し方は、話し手を魅力的に見せるためにも非常に有効です。
例えば、ストーリー。話の展開が面白ければ、聴き手の興味を引き続けることも可能でしょう。

これらの要素はすべて重要です。そして、プレゼンテーションも要素は、決してこれらだけでもありません。そう言うと「要素が多岐にわたりすぎて、具体的に何をどう気をつければいいのかわからない」そんな風に感じてしまうかもしれません。

そんなあなたのために、本日はプレゼンテーションスキルの全体像がわかる、フレームワークについてお伝えしたいと思います。

プレゼンテーションをプレゼントだと思うとよくわかる

私が今日お伝えするのは、ダイヤモンドギフトのフレームワークと名付けたオリジナルの枠組みです。男性が女性に一世一代のプロポーズを行うシーンを、プレゼンテーションになぞらえたもの。プレゼンテーションの語源はプレゼント。聴き手に対して、一世一代のプロポーズをするつもりで、プレゼンをイチからつくりあげていくと想定してみましょう。

すると、以下の3つのステップに分かれることがイメージできます。
ダイヤモンドギフトのフレーム

ダイヤモンドギフトのフレーム

STEP1:Dig
一番最初は、ダイヤモンドを掘ってくる作業です。ダイヤの指輪を彼女にプレゼントするために一番大事な宝石の部分を見つけてくる。プレゼンテーションでいうならば、コンセプトを明確にすることがそれにあたります。

STEP2:Polish
二番目のプロセスは、見つけてきた宝石をピカピカに磨き上げること。そして彼女の指のサイズにあうように、リングを調整してあげることです。プレゼンテーションでいうならば、STEP1で見つけてきたコンセプトを、魅力的な表現、そして聴き手にマッチした表現・ストーリーに磨き上げることです。

STEP3:Gift
三番目のプロセスは、その指輪を彼女に手渡すことです。ダイヤを渡すべきタイミングをはかり、最高のムードを演出し、そのなかでダイヤの指輪をプレゼントするべし。プレゼンでいうならば、まさに聴き手を目の前にして、STEP2までで作ってきたコンテンツを、魅力的に語ることに他なりません。

石炭をどれだけ磨いても、ダイヤモンドにはならない

ちなみにこの3ステップ、後のステップで前のステップの失敗を取り戻すことはできません。STEP1で掘ってきたコンセプトが石炭ならば、それをどれだけ磨いてもダイヤモンドにはなりません。STEP2でピカピカにならなかったコンテンツは、どんなすてきな環境で届けたとしても、受け取ってはもらえないかもしれません。

にもかかわらず、こうしたボタンの掛け違いをしているシーンは本当によく見ます。ありきたりなコンセプト何とか魅力的に見せようと、表現ばかりをゴシゴシ磨いているような。必要なことは、その石炭のコンセプトを一旦捨てて、ダイヤモンドのコンセプトを見つけることかもしれませんね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。