「OK、やってあげる」と言われるために

ストレスフルな仕事のしかたをしている人の特徴として『仕事を抱えすぎてしまう』というものがあります。

その原因は『なんでも仕事を引き受けてしまう』ことか、『人に仕事をふることができない』ことのどちらかでしょう。
両方がからみあっていることもおおいですね。

『なんでも仕事を引き受けてしまう』ことについては、以前のコラムでもご紹介しましたので、今回は『人に仕事をふることができない』人が取るべき対策について、ポイントを解説しましょう。

題して、『仕事ストレスを減らす、頼み上手な方法』

「やってくれて当たり前」という態度をとらない

まずは、基礎的なことから。

例えば、あなたが営業マンだとしたら、営業事務や営業企画の方々との協働は当然あることでしょう。

お客さんに出す提案書の作成から、パンフの印刷まで、様々なお願いがあるはずです。

そんなときに、ついやってしまいがちなのが、
「○○さん、これやっといて」
というセリフ。

さも、「やってくれて当たり前」という態度をとってしまうのです。


確かに、間違いではないのかもしれません。
でも、こんなときにでも一言、ねぎらいの言葉・お願いの言葉があれば、少し伝わり方は違うものです。

「○○さん、忙しいところ悪いんだけど。この仕事、お願いしちゃってもいいかな・・・。いつも、ありがとうね」

と言ったほうが、受けるほうとしては気分が良いですよね。

なぜ頼むのかを伝える

いつも頼んでいるルーティンの頼み事ならば、上記で十分でしょう。

ところが、普段は頼まないようなイレギュラーなお願い事ならば、ここからの2つのポイントがはずせなくなります。


まずは、「なぜ、あなたに頼むのか」という理由をしっかりと伝えることです。

「○○という理由で必要だから、お願いしたいんだけど」
という表現の前半部分が欠かせないわけですね。


心理学の実験で非常に面白いものがありました。
コピー機の前に並んでいる人に、先に使わせてくれるようにお願いするときに、
「先にコピーとらせてください」というのに比べて、
「コピーとりたいので、先にコピーとらせてください」と言うほうが、譲ってくれる可能性が高まるのだそうです。

『コピーとりたいので』というのは、当たり前のことですよね。
それでも、理由として話すのは効果的なのです。
『理由を話している』という形式が、その理由の中身以上に影響を与えているのですね。

頼まれる方にとってのメリットを伝えることも重要です。続きはこちら