頼まれるほうのメリットはあるのか?

頼まれる方にもメリットがあるのならば、それもしっかりと伝えましょう。

「○○さんにとっても、××なメリットがあるわけだから」
という表現にできればいいですね。

誰であれ、自分にメリットがあることはやりたいし、そうでないことはやりたくないものです。

また、相手にメリットがあることで、こちらが相手に頼むことの正当性が表現できますから。

頼まれる方も嬉しいことを知る

これは、頼み方以前のことですが、頼み下手はひとは「ひとは頼み事をされるのが嫌だ」という前提にあるようです。

決してそんなことはありませんよ。
もちろん、物事にもよりますが、頼み事をされて喜んでくれる人も多いものです。

というのは、頼み事をされることで「自分は頼りにされているのだ」ということを実感できるからです。

「この仕事、○○さんに最適だと思うんだ」
「○○さんしか、キチンとやってくれそうな人がいなくって」

と言われれば、そう嫌な気分はしないでしょう。


要は、相手の自尊心をくすぐっているということですが、これをフェイクでやるのは避けるべきです。

思ってもいないのにこんな言い方をして、「あ、この人は仕事をふりたくて、私を持ち上げてるな」なんて見透かされた日には、その人との今後の関係に支障をきたしかねません。

助けられる自分つくりを

最後に、すこしまとめましょう。

ここまで4つのポイントをお話ししてきたわけですが、これらが効果的に機能するには、あなたが「この人が困っていたら助けてあげたい」と思われていることが前提です。

それなくして、小手先のテクニックだけで頼み上手になることは難しいでしょう。

日ごろから『好かれる自分つくり』をしたうえで、いざと言うときに、上記の4つのポイントを使うようにすべきですね。


■関連サイト

【関連コラム】発つ鳥後を濁さぬノー残業術
営業マンの時間管理



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。