Lesson6 グラフにすれば一目瞭然(その1)

数値の比較や数値の時間に対する変化などは、文章で説明するよりもグラフにしたほうが分かりやすい。オートシェイプによる図解と同様に、テキストだけでは伝えにくい内容を、表やグラフで補完すると、テキストが簡潔になり分かりやすくなる。

● グラフを追加してみよう

2枚目のスライドを表示し、メニューから[挿入]-[グラフ]をクリックする。

グラフのサンプルが表示される。

グラフにしたいデータを入力する。

×ボタンをクリックして、データシートを閉じる。

● グラフの種類を変えてみよう

メニューから[グラフ]-[グラフの種類]をクリックする。

グラフの種類から[折れ線]を選択して[OK]ボタンをクリック。

折れ線グラフに変更される。

● 凡例の位置を変えてみよう

メニューから[グラフ]-[グラフオプション]をクリックする。

凡例タブに切り替え、表示位置を左に変更し、[OK]ボタンをクリック。

凡例が左に移った。

グラフオプションでは、このほかにも色々と変更できるので試してみよう。

グラフのレッスンはまだまだ続くよ >> 次のページへ


インデックス
Lesson1 アウトラインでプレゼンの構成を作る
Lesson2 デザインテンプレートで見栄えの良くする
Lesson3 テキスト(文字)はプレゼンのシナリオ
Lesson4 オートシェイプ(図形)で理解を助ける
Lesson5 表を使って整理する
Lesson6 グラフにすれば一目瞭然

この記事を知人に紹介
この記事の内容がお役に立ちましたら、ぜひお知り合いの方にメールでおすすめしてください。
 → いますぐおすすめ
ニュースレターを購読 あなたの一票に投票
新着記事のご案内やショートコラムなどのお役立ち情報をメールでお届けします。もちろん無料です。ぜひご登録ください。 より現実に合った記事をお届けするために、みなさまのご意見をお聞かせください。
 → いますぐ登録  → いますぐ投票