Lesson1 アウトラインでプレゼンの構成を作る

構成を考えながらプレゼンテーションを作成する場合は、アウトライン機能がとても便利だ。アウトラインを使うと、タイトルや本文テキストを画面に表示しながら作業できるので、内容を整理したり構成したりするのに便利である。スライドの内容を再構成したり、スライド全体を移動したり、タイトルや本文テキストを編集したりできる。

● アウトライン機能を使ってプレゼンの構成を作ってみよう

空のプレゼンテーションを作成する。

※空のプレゼンテーションを作成するには: メニューから[ファイル]-[新規作成]を選択。[新規作成]ダイアログが表示されたら、標準タブの[新しいプレゼンテーション]を選択して、[OK]ボタンをクリックする。

スライドアイコンの右側をクリックする。アウトライン(下図の画面)が表示されていない場合は、メニューから[表示]-[標準]を選択する。

スライドのタイトルを直接入力することができる。

入力した内容は、スライドにも反映される。

[Enter]キーを押すと、新しいスライドが追加されるので、続けてスライドを作成することができる。

レベル(階層)を下げると、スライドの本文テキストを入力することができる。この機能を使うことで、プレゼンテーション全体を、階層構造に整理できる。最大5階層まで管理できる。

ツールバーの[レベル下げ]ボタンをクリック。

レベルが下がって、入力位置が移動する。

本文テキストを入力する。同時に、スライドにもテキストが反映される。

練習問題:空のプレゼンテーションを作成し、図のとおりにアウトラインを作ってみよう


インデックス
Lesson1 アウトラインでプレゼンの構成を作る
Lesson2 デザインテンプレートで見栄えの良くする
Lesson3 テキスト(文字)はプレゼンのシナリオ
Lesson4 オートシェイプ(図形)で理解を助ける
Lesson5 表を使って整理する
Lesson6 グラフにすれば一目瞭然

この記事を知人に紹介
この記事の内容がお役に立ちましたら、ぜひお知り合いの方にメールでおすすめしてください。
 → いますぐおすすめ
ニュースレターを購読 あなたの一票に投票
新着記事のご案内やショートコラムなどのお役立ち情報をメールでお届けします。もちろん無料です。ぜひご登録ください。 より現実に合った記事をお届けするために、みなさまのご意見をお聞かせください。
 → いますぐ登録  → いますぐ投票