自分が持ちたいイメージ・思い込みを持つ

あなたにとって「お金」「仕事」とは?

自分にとっての「お金」と向き合ってみていかがでしたか?
「自分ってお金に対してこんなふうに思っていたんだ!」と驚いた方もいるでしょう。そして、それに気づくことで少し楽になったり、可能性が見えてきているかもしれません。

これまで無意識のうちに持っていたイメージや思い込みとおさらばして、本当にあなたが持ちたいイメージや思い込みを持ちましょう。どんなイメージや思い込みを持つかはあなた自身が選択することができます。先ほど書き出した「お金とは………」を取り出して、今度はあなたが持ちたいと思うイメージや思い込みに書き換えてみましょう。

書き換えたら、それをまた一つ一つ口に出して言ってみてください。いかがですか? そんなイメージや思い込みを持って生きたら、あなたの毎日はどう変わってくるでしょう? 自分が持っているイメージ・思い込みに振り回されるのでなく、あなた自身がそれを活用していきましょう。そのためにも、今書き換えたイメージ・思い込みを毎日眺めたり、口に出して言ったりして、忘れないようにしてください。

もちろん、そうはいっても自分が持ちたくないイメージや思い込みがなかなか手放せないかもしれません。でもあわてる必要は全くありません。まずは、そういうイメージや思い込みを持っていると気づくことがスタートです。そして、それに対して反論をしていきましょう。だんだんとその力が消えてくるのに気づくでしょう。

「仕事」に対するイメージ・思い込みは何ですか?


このようにあなたが知らず知らずに持っているイメージや思い込みはお金だけではありません。人はさまざまなことに関して、いろいろな思い込み・信念を持っています

例えば、「仕事」というものに対してはどうでしょう。「お金」の場合と同じように、やってみてください。

仕事とは_________________。

自分を苦しめたり、追い込むようなイメージ・思い込みを持っているかもしれません。仕事への意欲のもとになっているものもあるでしょう。まずは自分が知らず知らずのうちに持っているイメージ・思い込みに気づくことです。そのうえで、あなたが楽になり、力を十分に発揮できるようなイメージ・思い込みを選択しましょう!

【参考書籍】
■『幸せ成功力を日増しに高めるEQノート』(野口嘉則著 日本実業出版社)

【関連サイト】
■「使っている言葉から自分自身を知る 部下を批判する上司はダメ上司?」
■「「仕事だから」が口癖になっていませんか 「仕事」という名の依存症」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。