重要な“頃合い”



「有栖川パークハウス」は海外生活の経験がある世帯に評判が高い。立地だけでなく、シンボリックな意匠やナチュラルで上質な内装にその理由があるそうだ


今後住宅の長期利用が重視される中、マンション選びの欠かせない視点は“数十年後も住みたい家であり続けられるか”ではないか。

たとえ竣工直後は斬新な設計でも、時代性に取り残されるようなデザインでは徐々に買い手も減っていくだろう。

立地の価値を最大化し、最新技術を投入しつつも、生活しやすいかどうかの視点は外さないこと。「日々の暮らしに極端に広い居間がどれだけ必要だろうか?」「1年を通して過ごしやすい水回り空間か?」「メンテナンスを考慮した設備の選択がなされているか?」

時代性を取り込むが、翻弄されないこと。変えられるものと変えられないものを冷静に判断できること。そんな「頃合い」の見極めはやはり事業主と設計会社の実績の多様さによるところが大きい、それが最高峰の高級マンションを見て再認識したことである。

 

【関連記事】
「広尾ガーデンヒルズ」の最新事情<後編>
「広尾ガーデンヒルズ」の最新事情<前編>

【フェイスブック】
高級マンション


Copyright(C)2006 MH3 Inc. All rights reserved.

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。