画像の代替テキスト
30歳の声を聞くようになると肌体質も変化します。早めにアンチエイジング用のスキンケアを始めましょう
老化のトラブルは、目尻のシワ、たるみ、肌のくすみ、目立ち始める毛穴など、人それぞれ。でもやはり20~30代のうちから、40~50代用のアンチエイジングコスメを使うのは、ためらわれますよね。栄養分や油分が多すぎたりして、シミや大人にきびなどの肌トラブルのもとになることも。そこでアンチエイジングのビギナー世代に特化したスペシャルケアの方法についてご紹介します。


30代の肌老化対策、本当に必要なの?

画像の代替テキスト
「柔らかい肌だね」とほめられて油断してはいけません。それって「ゆるみ肌」かもしれません!
彼に「柔らかい肌だね」と言われればウレシイのが女ゴコロ。でもちょっと待って! 実はこれって恐ろしい「肌老化」のはじまりかもしれません。30歳前後になった今、10代、20代の「プルプル元気肌」とは違う、肌の弾力が衰えた「ゆるみ肌」になっていないかどうか、まずはチェックしましょう。

ゆるみ肌チェック項目
□寝ている間に顔についた枕やシーツの跡がなかなか消えない
□頬を軽くつまんだり押したりしても弾力感がなく肌に押し戻す力がない
□寝不足でもないのにまぶたが腫れぼったい
□以前より毛穴が目立ちはじめた
□目元、額、眉間、口元などの表情じわが元に戻りにくい

5つのチェック項目すべてが、肌のはりや弾力が少しだけ衰えた「ゆるみ肌」状態であることを示しています。ある調査では、ほとんどの女性が30歳前後でこのような「ゆるみ肌」を自覚しているそうです。


次のページでは、ゆるみ肌の原因についてご紹介します。