受け取った名刺の扱い方

頂戴した名刺は、名刺入れの上にのせて置きましょう。
名刺を受け取ったら、相手の名前や肩書きを確認し、机の上座側に置いておきましょう。

・相手がひとりの場合は、名刺入れの上にのせて置きます。
・相手が複数の場合は、そのまま置きます。席順に並べて置けば名前も間違えません。

名刺の上に書類をのせたり、お茶をこぼしたりしないよう注意してくださいね。帰るときは押し頂いて(※)から名刺入れに仕舞うといいでしょう。決してその場に忘れてきてはいけません。

名刺の内容をきちんと把握していたり、机の上に置くスペースがないときには、机の上に置く必要はありません。この場合も、押し頂いて(※)から名刺入れに仕舞うようにしましょう。
※押し頂くとは、感謝の意をこめ頂戴したものを上に捧げ持つこと。名刺を両手で持ち、少し上にあげながら軽くお辞儀をする感じです。


名刺盆にするときの名刺入れの向き

名刺盆のかわりに名刺入れを使うときは、名刺入れの向きにも注意してください。

・名刺が横型の場合は、名刺入れの輪(※)が相手側に向くようにする。
・名刺が縦型の場合は、名刺入れの輪(※)が自分の右手側にくるようにする。
※名刺入れの輪は、ふたをかぶせたときの折り目のほうです。


名刺入れを上手く使いこなせるようになるとマナーにも磨きがかかります。第一印象もよくなるので、ぜひお役立てください。


< おすすめ関連リンク >
人前で靴やブーツを脱ぐときのお作法
それNGです!切手を貼る位置と選び方
知らないと困る、おもてなしの基本
日本人のしきたり、およばれのタブー
私には役不足!?あなたの日本語常識チェック
あなたはホントにJapanese?日本人力検定
『粋なおとなの花鳥風月』


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。