名刺交換、基本の5ステップ

初対面の際に行なった名刺交換の印象が、後々まで第一印象として残ることがあります。社名や自分の名前、所属などを相手にしっかり覚えてもらうために、きちんとした名刺交換をしましょう。名刺は、その人の人格そのもの。大切に扱ってください。

名刺交換は、あなたを知ってもらう「プレゼンテーションの場」でもあります。スマートに、迅速に、笑顔で対応できるよう、何度も練習してみましょう。名刺交換の流れを「基本の5ステップ」にまとめました。

 
STEP1 準備する
あらかじめ名刺入れを手元に用意しておき、すぐに名刺を取り出せるように。出した時に名前が相手のほうを向くように準備しておきましょう。目下あるいは訪問者から相手に近づき、先に名刺を差し出します。

 
STEP2 名刺を渡す
名刺を片手で持ち、もう片方を添えながら、相手に正面を向けて差出します。そして、社名・部署名・氏名を名乗ります。この時、相手が差出した名刺の高さよりも低い位置で差し出すことで、謙虚さを表わすことができます。

 
STEP3 名刺を受け取る
名刺は両手で受け取ります。お互いに同時に名刺を差し出している場合は、お互い右手で差し出し、左手で受け取ります。

 
STEP4 お礼を述べる
名刺を受け取ったら、すぐに右手を添えるようにします。あるいは、両手で受け取ったら「頂戴いたします。よろしくお願いします」とおじきをします。


 
STEP5 受け取った名刺の処理
受け取った名刺は、すぐに名刺入れにしまいこまないで、しばらく手元に置きます。1枚のみの場合には名刺入れの上に乗せておきます。相手が複数である場合は、名刺入れは使わずに座席の順にテーブルの上に並べておくと顔と名前が一致して話しやすいです。