気をつけたい4つの基本ポイント:姿勢、表情、話し方、内容

入社、転勤、異動、担当者交替、社内外研修など、新しい人間関係の中で仕事を始める方も多いでしょう。今回は相手の印象に残るような自己紹介の仕方をご紹介しましょう。
ドキドキの初出社。まずは第一印象を決定づける、自己紹介をきちんとしたいですね。自己紹介は、あなたの第一印象が決まる大事な儀式。名前だけをボソっと伝えても、誰もあなたの顔と名前を覚えてはくれません。以下のポイントに気をつけましょう。

■気をつけたいポイント
  • 背筋を伸ばして、丁寧にお辞儀をします。
  • 口角を上げて、さわやかな笑顔で。
  • 相手が聞き取りやすいスピードを心がけ、語尾まできちんと話します。
  • 自分の名前や特徴、特技やエピソードなどを織り交ぜて話すと、印象に残りやすくなります。
自己紹介は第一印象を決定づける

第一印象を決定づける自己紹介では、挨拶をしっかりと

 

基本的な自己紹介例

<例>
「こんにちは。はじめまして。美月あきこと申します。みづきは、よく『水』に樹木の『木』と間違えられるのですが、美しい月と書きます。芸名かとよく言われますが、残念ながら芸名ではありません(笑)。出身の○○県では、結構多い名前です。覚えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします」

■挨拶
こんにちは。はじめまして
→まず、呼びかけの挨拶です。笑顔を忘れないように。

■名前
美月あきこと申します。
→フルネームで言います。下の名前が一緒とか、珍しい名前など、名前から話題が広がることもありますよ。

■印象付ける言葉
みづきは、よく『水』に樹木の『木』と間違えられるのですが、美しい月と書きます。芸名かとよく言われますが、残念ながら芸名ではありません(笑)。出身の○○県では、結構多い名前です。覚えていただけると嬉しいです。
→印象に残るような言葉やエピソードを手短かに加えるだけで、覚えてもらいやすくなります。

■結び
よろしくお願いいたします。
→語尾まで、はっきりと。最後まできちんと話すことで、快活な印象を残せます。
 

状況別自己紹介(1)社内・社外

■社内の人に自己紹介
<例文>
「はじめまして。人事部からこちらの海外事業部に異動になりました、美月あきこと申します。営業は初めてなので、わからないことも多いと思います。がんばりますので、ご指導のほど、よろしくお願いいたします」

<ポイント>
配属先と名前を伝えます。異動の場合は、どこの部署(支社)から来たのかも付け加えましょう。最後に「がんばります」という、仕事に対する意気込みをつけると印象がアップします。

■社外の人に自己紹介
<例文>
「はじめてお目にかかります。○○社の海外事業部の美月あきこと申します。よろしくお願いします」
→会社名、担当部署、名前を伝えます。

 
内容は必要なことをコンパクトにまとめて

あっさりしすぎず、長くならず、必要なことをコンパクトにまとめて

状況別自己紹介(2)大人数・1人ずつ

勤務中なので長々と話すのは迷惑ですし、勤務時間を浪費することになります。必要なことをコンパクトにまとめるようにしましょう。

■大人数の前で自己紹介
部署全体の人に向って自己紹介をするときなど、わざわざみんなの時間を割いてもらっているわけですから、趣味や特技など印象に残る一言を添えつつも、話しは短めに。

■1人1人の机を回っての自己紹介
「お忙しいところ恐縮です。はじめまして。美月あきこと申します。よろしくお願いいたします」など簡潔に。もちろん、笑顔でその人の目を見て話します。相手が忙しそうにしている場合は、「あらためます」と言って後にするか、短く切り上げるようにします。

自己紹介の印象が良いと、何か声をかけてもらいやすくなります。ビジネスシーンでは良い印象であることが仕事につながることさえあります。でも、なかには人前は苦手という人もいますよね。何か芸を披露しなくてはいけないわけではありませんから、基本的には真摯な態度で臨めば大丈夫ですよ。
1人1人の目を見て、真摯な気持ちで自己紹介が一番

1人1人の目を見て、真摯な気持ちで自己紹介が一番

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。