もしかして、あなたも間違っていませんか?

「あ~、失敗した~」
悪気はないのに、言葉の誤用で相手を怒らせてしまうこともあります。
日頃、その日本語はおかしいと思うことはありませんか? 本人も間違いに気付きにくく、思わぬところで恥をかいてしまうこともあります。そこで今回は、意味を間違えやすい日本語をクイズ形式でご紹介します。作成しながらガイド自身も冷や汗タラリ。思いこみってこわいものですね~。


あなたの日本語常識チェック!

それぞれの文章を読み、【 】の言葉が正しく使われている場合は○、間違っている場合は×でお答えください。全部で12問。さてあなたは何問わかりますか?

【 一姫二太郎 】
「子供は4人欲しいわ。できたら一姫二太郎がいいなぁ」
○×と解説 

【 浮き足立つ 】
「かわいい女の子に囲まれて、あなた浮き足立ってたわよ」
○×と解説 

【 さわり 】
「イントロを流すので、さわりから歌ってください」
○×と解説 

【 気が置けない 】
「今夜の飲み会は気が置けない連中だから、楽しみだね」 
○×と解説 

【 敷居が高い 】
「あそこは高級料亭だから、普通のサラリーマンには敷居が高いよ」
○×と解説 

【 役不足 】
「このたびのご指名、私では役不足ですが頑張ります」 
○×と解説  

【 煮詰まる 】
「長時間の話し合いで煮詰まってしまったから、少し休憩して考えなおそう」 
○×と解説 

【 確信犯 】
「今まで気付かなかったなんてあり得ない話。あれは絶対に確信犯だと思う」 
○×と解説

【 爆笑 】
「10人中1人でいいから、爆笑してくれないかなぁ」 
○×と解説 

【 情けは人の為ならず 】
「情けは人の為ならず。どうぞ遠慮なく甘えてください」 
○×と解説 

【 名前負け 】
「俺以外は有名人ばかりだから、名前負けしそうだな」 
○×と解説 

【 なし崩し 】
「どうせなし崩しになって、何もやらないで終わりだよ」 
○×と解説 

※参考文献『広辞苑』『岩波国語辞典』『明鏡国語辞典』『新明解国語辞典』