敷居は踏まない、靴は脱いで揃える…受け継がれていく日本人のしきたり

敷居は踏まないことを、幼いころから教えておきたいですね

敷居は踏まないことを、幼いころから教えておきたいですね

例えば、敷居を踏まない、脱いだ靴はどうするか、座布団をどう扱うか……。子供が遊びにくると、何気ないシーンでその子の家庭の様子が垣間見えてしまいます。そんなとき「親の顔が見てみたい」と言われてしまいがちなのは、それが躾(しつけ)の表れだとされているからです。 親子揃っておよばれした時は、我が子のふるまいにハラハラすることもありますね。

これは大人になっても同様で、「どういう躾をされてきたの」と言われ続けてしまうことも。日本には様々なしきたりがあり、知らずにいると無礼者になっていることさえあります。

そこで、訪問時にも役立つ、基本的なしきたりを3つご紹介します。しきたりにはそれ相応の意味や理由があるので、それを理解すればふるまい方も変わってきます。子育て世代は、きちんと我が子に教えられるようにしておきたいですね。

【日本のしきたり・お呼ばれタブー目次 】  

正しい靴の脱ぎ方は?

脱いだ靴はきちんと揃える、これは常識ですが、その揃え方を違えている方が多いようです。
靴を揃えないのはお行儀が悪い。では、どうやって揃えたらいいのでしょう?

靴を揃えないのはお行儀が悪い。では、どうやって揃えたらいいのでしょう?

後ろを向いて靴を脱ぐのはNGです!
最初から後ろを向いて脱げば揃える手間を省けますが、お家の方にお尻を向ける(背中を向ける)のは失礼にあたります。
後ろを向いて脱ぐのは、お行儀が悪いのです。

靴の脱ぎ方のNG。後ろを向いて脱ぐのは、お行儀が悪いことです


正しい靴の脱ぎ方は、次の3ステップです!
正しい靴の脱ぎ方1:そのまま前を向いて脱いで上がります。
靴の脱ぎ方1:まずは正面を向いて脱ぎます

靴の脱ぎ方1:まずは正面を向いて脱ぎます

 

正しい靴の脱ぎ方2:家人に対してお尻を向けないよう、後ろ向きではなく少し斜め向きに屈みます。女の子は膝をつくと美しい所作になります。
靴の脱ぎ方2:お家の方にお尻を向けないよう、少し斜め向きに。女の子は膝をつくと美しい所作になります

靴の脱ぎ方2:お家の方にお尻を向けないよう、少し斜め向きに。女の子は膝をつくと美しい所作になります


正しい靴の脱ぎ方3:靴の向きを変え、家人から遠いほう(またはシューズボックス側)の隅に寄せて置きます。
靴の脱ぎ方3:靴の向きを変え、家人から遠いほう(またはシューズボックス側)の隅に寄せて置きます。

靴の脱ぎ方3:靴の向きを変え、家人から遠いほう(またはシューズボックス側)の隅に寄せて置きます。モデルの佳奈ちゃん(2歳)も上手にできました


面倒臭いと思うかもしれませんが、来て早々にお尻を向けたり、玄関の真ん中に靴を置いたりするのは失礼なこと。人前で靴を脱ぐのは日常茶飯事なので、日頃から正しい作法を身につけておくと、うっかりミスが防げます。

 

覚えておきたい、例外があります

ただし、お店の小上がりなど上がり框(かまち)が高い場合は、後ろを向いて脱いでも構いません。その理由は、靴の向きを変えるために屈んでお尻を突き出すほうが下品だからです。お店の方が揃えてくださる場合には、前を向いて脱ぎ、あとはお任せしてもいいでしょう。

 

なぜ、畳の縁や敷居を踏んではいけないの?

昔から「畳の縁や敷居を踏んではいけない」といいますが、なぜでしょう?

昔から「畳の縁や敷居を踏んではいけない」というのはなぜ?

玄関の引き戸、襖(ふすま)、障子など、一般家庭にも様々な敷居がありますし、畳には縁がありますね。昔からこれらを踏んではいけないと言われているのは、幾つかの理由があります。

【身を守るための戒め】
昔は、忍びの者が座の下に忍びこみ、畳の縁や敷居の隙間から漏れる光で相手の所在を確かめ、タイミングを見はからって刃を刺すこともありました。こうして命を落とすことは武士として大変恥ずべきことだったため、それを避けるための戒めが、和室のマナーになりました。

【家や家人の象徴として重んじる】
「敷居をまたぐ」「敷居が高い」というように、敷居はその家の象徴なので、それを踏むことは家や家人を踏みつけることと同じと考えます。また、畳の縁はその家の格式を表しており、畳の縁に家紋を入れることも多く、それを踏むことはご先祖様や家人の顔を踏むことになり、大変失礼なことなのです。動植物の柄は生き物を踏みつけることにも通じます。

【空間様式を崩さない】
敷居には世間と家、部屋と廊下などを隔てる結界(境界のこと)の役目があり、畳の縁にはお客様と主人を区別する結界の意味があります。こうした結界を踏むことは空間様式を崩すことになるため、踏んではいけないのです。

【家を大切にする】
敷居を踏むと磨り減ってしまいますし、家の建てつけが歪むこともあります。畳の縁も踏めば傷んでしまいますね(高級品ほどデリケートな素材です)。そこで、その家を大切にする気持ちの表れとして、敷居や畳の縁を踏まないようにするのです。

どの理由も納得できるものですが、お子さんには年齢に合わせて説明してあげるといいでしょう。
 

なぜ、座布団を踏んではいけないの?

なにげなく座布団を踏んでしまいがちですが…これは無礼なことなのです。

なにげなく座布団を踏んでしまいがちですが…これは無礼なことなのです

かつて、高貴な人しか座布団を使うことができませんでした。その名の残りで、座布団にはお客様を敬いもてなすという意味が込められています。従って、座布団を踏みつけることはもてなしの心を踏みにじる行為となり、大変失礼なことなのです。

 

座布団のマナー

こうした成り立ちを考えると、次のような座布団のマナーも理解できるでしょう。
しびれない座り方や足を崩すタイミングも覚えておきましょう。詳しくは「正座でしびれない方法は?足を楽にする裏技や座布団のマナー」を参考にして下さい。
 
座布団カバーのファスナーはどこに向けるのが正解?⇒答えはこちら

座布団カバーのファスナーはどこに向けるのが正解?
⇒答えはこちら


いずれもその場に応じて臨機応変に対処しますが、知っているのと知らないのとでは大違い。大人も子供も、まずは知ることが大事ですね。きちんと理由を知っていれば、どんなシーンでも的確に対処できるようになるでしょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。