襖(ふすま)の開け閉め、できていますか?

襖って、どうやって開けたらいいの?

襖って、どうやって開けたらいいの?

和室に入ろうとして、襖(ふすま)の開け方に戸惑ったことはありませんか? 普段は何気なく開けていても、かしこまった席では失礼にあたることも多く、ばつが悪い思いをすることもあるからです。また、ドアならノックするのがマナーですが、襖はどうしたらいいのでしょう? 突然誰かが入ってきたら戸惑いますから、襖の場合は「失礼します」と声をかけます。しかし、それだけではありません。襖の開け閉めには、信頼関係を損なわない気遣いがあふれているのをご存じでしょうか。
 

襖(ふすま)の開け方……立ちながらは基本NG!正座をして丁寧に開ける

ふすま

ドアならノック。襖の場合は「失礼します」と声をかけます

例えば、立ったまま襖を開けても構わないのでしょうか? 本来、襖は座って開閉するものなので、立ったままでは座っている人を見下す格好になり失礼となります。よくあるのが、遅れて到着した人が立ったまま開けて「遅れてすみません」と詫びるシーン。恐縮したつもりが、それでは横柄な態度に映ってしまい、逆効果になることも……。座って開け閉めする正式な方法を知っておくと、どんなシーンでも対処できるから安心ですね。

細かい作法は流儀によって違いますが、一般的な開け方を覚えておくと、いざというときも安心です。目上の方のご自宅やかしこまった席では、正座をして丁寧に開けましょう。また、突然開けて室内の方が戸惑わないよう気遣うことも大切です。
 
  1. 開けようとする襖の中央に、襖とこぶし2つ分の間隔をあけて正座し、「失礼します」と声を掛けます。
    ……ドアをノックするのと同じ意です。基本的には下座側の襖から出入りしましょう。
  2. 引き手(手をかけるところ)に近い方の手を掛け、5センチ程度開きます。
    ……引き手ですべて開閉しようとすると、動きにくくて見た目も悪く、引き手も傷んでしまいます。引き手は少しだけ開けるためのものと心得、開閉は親骨(襖の枠のところ)に手を掛けて行います。また、これから入りますよという合図になります。
  3. 掛けた手を引き手から親骨に沿ってすっと下ろし、敷居から30センチ上あたり(自然に手が届く位置です)を押して中央まで開けます。
    ……ここまでが部屋の様子を察する動作で、この時点では室内の方と視線は合わせません。中の状況を察して、ひと呼吸おくこともできます。
  4. 手を替えて親骨を押し、残りを開けます。開ける幅は体が通れるぐらいか、全部は開けずに5センチ程度を残しておきます。
    ……5センチ残すのは、閉めるときの「手がかり」を残すためです。これだけ段取りを踏めば、相手の準備も整うでしょう。
  5. 襖を開けたら会釈をし、両手(軽く握ります)で体を支えながらにじって入室します。
 
 

襖(ふすま)の閉め方……開けるときと逆の所作に

襖(ふすま)を閉めるときは、開けるときと逆の所作になります。
 
  1. 襖に向かって正座し、襖に近いほうの手で敷居から15センチ上あたりをつかみ、中央まで閉めます。
    ……開ける際に残しておいた「手がかり」をつかみます。
  2. 手を替え、敷居から30センチ上あたりをつかみ、残り5センチ程度まで閉めます。
    ……1と2でつかむ高さが違うのは、1が逆手で2は順手になるためで、無理なく届き動かしやすい位置となります。
  3. 2の手を引き手に掛け、全部閉めます。
 

襖(ふすま)の開け閉めを臨機応変に対処するために

基本を覚えておけば、臨機応変に対応できます

基本を覚えれば、臨機応変に対応できます

こうした開閉が丁寧なやり方で、何度か練習し、慣れてしまえば流れるようにできて美しいですよ。

また、手を替えずに片手でする方法や、立ったままでの開閉もあります。例えば、和室を洋風に使用しているなら立ったままで構いませんし、カジュアルなシーンで正式な作法をする必要もないでしょう。こうした作法は、障子や格子戸にも応用できます。

なぜそうするのかという道理がわかると、臨機応変に対処できるもの。正しい方法を身につけておくのが得策といえそうです。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。