なぜ「いただきます」「ごちそうさま」と言うの?

食事の前には「いただきます」

「いただきます」と言うのはなぜ?

これは、ある親子の食事前の会話です。

父: コラッ、「いだだきます」って言ってないぞ。
子: あ、忘れた。
母: もーダメでしょ!
子: そんなに怒らなくてもいいのに……。
母: あなたのために注意してるの。お行儀が悪いとあとで困るでしょ。
子: ねぇ、どうして「いただきます」「ごちそうさま」って言わなきゃいけないの? 

さて、あなたなら何と説明しますか?


「いただきます」の語源

まずは語源を紹介します。「いただきます」の「いただく」は、神様にお供えしたものを食べるときや、位の高い方から物を受取るときに、頂(いただき。頭の上)にかかげたことから、「食べる」「もらう」の謙譲語として「いただく」が使われるようになったことに由来します。やがて、食事を始める時に「いただきます」と言うようになり、食前の挨拶として定着しました。


「いただきます」の意味

いただきます

感謝を込めて「いただきます」

食事を始める時の「いただきます」には、2つの意味があります。

■1つめは、食事に携わってくれた方々への感謝です。料理を作ってくれた方、配膳をしてくれた方、野菜を作ってくれた方、魚を獲ってくれた方など、その食事に携わってくれた方々へ感謝のこころを表しています。

■2つめは、食材への感謝です。肉や魚はもちろんのこと、野菜や果物にも命があると考え、「○○の命を私の命にさせていただきます」とそれぞれの食材に感謝しており、こちらが本意だと言われています。

先日、私の尊敬する日本文化の先生がこの話をされたとき、聞き手の背筋が伸びたのがとても印象的でした。おなじみの言葉でも、その背景を知ることで心持ちが変わってくるのでしょう。その先生のお宅では、お孫さんが「にんじんの命を私の命にさせていただきます」と言ってはパクッ、「卵の命を私の命にさせていただきます」と言ってはパクッ、と食べているそうです。

そこで思い出したのが、給食費を払っているのだから「いただきます」を言う必要はないと学校に申し入れた親がいる、という話です。もう何年も前のことですが、世間の話題になった際、世知辛い世の中になったものだと嘆く方が多かったのを覚えています。また、お金を払っているのだからお店で「いただきます」を言う必要はないと考える人が少なからずいるそう。いずれもお金が中心で、「いただきます」の6文字に、生きる姿勢が垣間見えます。

では、「ごちそうさま」にはどんな意味があるのでしょう? >>>