美味しく楽しみながら韓国語を使いましょう

美味しく楽しみながら韓国語を使いましょう

韓国旅行の楽しみは、なんといっても韓国料理。キムチの本場の味は深くて濃厚。そして種類が豊富でおかわり自由! テーブルに乗りきらないほど振る舞われる「おかず(반찬/パンチャン)」の数々、サンチュに巻いていただく焼き肉や、サッパリ冷麺、ホクホクの石焼きビビンパ。味に満足したら、「맛있어요(マシッソヨ/おいしいです)」の一言を。この記事をプリントアウトして、美味しい韓国料理を堪能してみましょう!
   

焼き肉屋さんは、はずせない!

yakiniku
はさみでチョキチョキ切って、サンチュに包んでパクリ。あ~、美味しい。
焼き肉が食べたいのに、ハングルが読めなくて焼き肉屋さんが分からない! なんて旅の失敗談をよく耳にします。お目当ての食べ物があったら最低でもその食べ物の韓国語名を覚えておきたいですね。そして、お店に入って、「○○있어요?(○○イッソヨ?/○○ありますか?)」と聞いて、相手が「네, 있어요(ネ、イッソヨ/は、あります)」と言えばセーフです。

日本人に人気のある焼き肉。お肉を鉄板で焼いて、はさみで切って、サンチュに巻いて食べる焼き肉は「갈비(カルビ)」です。「갈비구이(カルビグイ/カルビ焼き)」と書いてあるお店もあります。カルビ屋さんには冷麺を食べさせてくれるところが多いです。お肉を食べたらさっぱり冷麺で締めるのもオツですね。

また、「불고기(プルコギ)」も韓国を代表する肉料理。これは、プルコギ用の甘いタレにひたひたに薄切り牛肉を漬けておき、焼いて食べるジューシーな料理です。牛丼のお肉のようなイメージですね。ご飯にのせて食べたら一気に食が進みますよ。

そして、私がお薦めしたいお肉料理は「삼겹살(サムギョプサル)」という豚肉料理。食べ方は基本的にカルビと同様、豚肉の三枚肉を焼き、チョキチョキ切って、サンチュに巻いて食べるのですが、ポイントはごま油に塩を入れたタレに付けて食べること。カリカリに焼いた豚肉と、ごま油の風味がぴったり合って美味。一緒にキムチや焼きニンニクを入れて食べたら言うことありません。

このように、お肉を食べさせてくれるところでは必ずといっていいほど、白いご飯もあります。白いご飯は、「공기밥(コンギパプ)」。白いご飯は「밥(パプ)」ですが、注文の際に使うとたまにすぐ理解してもらえないことがありますので、「공기밥 주세요(コンギパプ ジュセヨ/白いご飯下さい)」と言いましょう。また、コンギパプを頼むとたいていテンジャン(韓国味噌)で作った味噌汁がついてきます。たらふくお肉をたべたらご飯で締める。これで満腹。ごちそうさま!

 

食堂で、韓国語を使ってコミュニケーション!

teisyoku
たくさんのおかずに、あつあつのチゲ。수저(スジョ/スプーンとはし)を使って食べます
それでは、食堂に入ってからお店を出てくるまで、店員さんと楽しくコミュニケーションができる会話例を紹介しましょう。

「안녕하세요(アンニョンハセヨ/こんにちは・こんばんは)」とお店に入ったら、「어서 오세요(オソ オセヨ/いらっしゃいませ)」と迎えられるでしょう。お目当ての料理がある場合は、「○○ 있어요?(○○ イッソヨ?/○○ありますか?)」と聞きましょう。「있어요(イッソヨ/あります)」または、「없어요(オプソヨ/ありません)」という答えが返ってくるはずです。

お食事を始める際に必要なものをいくつか挙げてみます。すべてに「주세요(ジュセヨ/下さい)」を付ければOK。出てこなかったら催促してみてくださいね!

「메뉴 판(メニュパン/メニュー)」。観光地では日本語のメニューを置いているお店も多いです。「물수건(ムルスゴン/おしぼり)」。「재떨이(チェトリ/灰皿)」。余談ですが、韓国のファーストフード店はほとんどが全席禁煙。ちょっと一服したくてマクドナルドに入ったら灰皿がなかった! なんてことになります。「물(ムル/水)」。「水」といっても単純に冷水が出てくることもあれば、麦茶やとうもろこし茶などが出てくる場合もありますよ。「젓가락(チョッカラッ/はし)」、「숫가락(スッカラッ/スプーン)」。覚えにくければ、「수저(スジョ/はしとスプーンのセット)」を覚えてください。韓国は環境に配慮する等の理由もあり、割り箸をあまり使いません。スジョ(はし、スプーン)は鉄でできているので、直に鉄板に付けてお肉を焼いたりすると相当な熱を持ちます。やけどに注意ですね。

そして、「○○(食べ物の名前)+주세요(ジュセヨ/下さい)」で簡単に注文ができます。韓国の料理は大皿、大鍋ででてくるものが多いので、取り分けるお皿が欲しい場合は、遠慮なく持ってきてもらいましょう。「取り皿」は「접시(チョプシ/皿)」、汁物を取り分ける深い器は、「그릇(クルッ/器)」です。コップが足りないときは、「잔(チャン/盃、コップ)」を催促してください。発音が難しくて通じにくいときは、ジェスチャーを交えながらコミュニケーションをとってみてくださいね。そして、何かをお願いして持ってきてもらったときは、「고맙습니다(コマッスムニダ/ありがとうございます)」または、「감사합니다(カムサハムニダ/ありがとうございます)」と言いましょう。ちなみに、「コマッスムニダ」も「カムサハムニダ」も、同じ「ありがとうございます」ですが、「カムサハムニダ」の方がより丁寧な表現です。

さあ、あつあつの料理が出てきました。「잘 먹겠습니다(チャル モッケッスムニダ/いただきます)」と言って、パクリ。店員さんがこちらの反応を気にしていたら、「뜨거워요(トゥゴウォヨ/熱いです)」、「매워요(メウォヨ/辛いです)」、「괜찮아요(ケンチャナヨ/まあまあです)」、「맛있어요(マシッソヨ/美味しいです)」の一言を。「ものすごく美味しい!」というときは、感情を込めて「너무 맛있어요(ノム マシッソヨ/とても美味しいです)」を忘れずに。

キムチ、その他おかずの数々はどんどんおかわりができます。「○○ 주세요(○○ ジュセヨ/○○下さい)」を使って、おかわりをしましょう。そして満腹になったら「배 불러요(ペ プルロヨ/お腹いっぱいです)」と満足げに言ってみてください。そして、「계산해 주세요(ケサネジュセヨ/計算してください)」で精算をしたら、「또 올게요(ト オルケヨ/また来ます)」、「안녕히 게세요(アンニョンヒ ケセヨ/さようなら)」と、笑顔で挨拶を。

 

料理に合うお酒と酒席で使えるフレーズ

韓国の夜
料理にマッチする韓国のお酒。飲み過ぎに注意です!
その国ならではの料理には、料理を美味しくするお酒がつきもの。お酒の飲める方は、韓国料理と一緒に是非お酒も楽しんでみてください。

日本では、料理の種類に関係なく「とりあえずビール」となることが多いですね。「ビール」は韓国語で「맥주(メクチュ)」。まずビールでのどを潤したい場合は、「맥주 주세요(メクチュ ジュセヨ/ビール下さい)」と注文します。生ビールは、「생백주(センメクチュ/生ビール)」 です。ちなみに、ビール好きの韓国人は、揃って「韓国のビールより、日本のビールの方が美味しい」といいます。韓国のビールは日本のビールに比べて薄くて飲みやすいのですが、ビール好きにとっては物足りないようですね。

さて、次は韓国料理に欠かせない焼酎。辛い食べ物が多い韓国料理には、この焼酎が驚くほどマッチするのです。焼酎は「소주(ソジュ)」。日本では焼酎を水やお湯で割って飲みますが、韓国は決まってストレート。「잔(チャン)」という、日本酒を飲むときの「おちょこ」くらいの大きさのグラスで、クイッと飲みます。普段焼酎を飲み慣れない日本人でも、韓国料理と一緒だと不思議とお酒が進んでしまいます。国民的ブランドは、「참이술(チャミスル)」という焼酎。焼酎がある飲食店で、これを置いていないところはない、と言っても過言でないでしょう。ほんのり甘くて飲みやすいのです。しかし、旅の開放感も手伝って、焼酎で悪酔いしてしまう人の話もよく聞きますので、飲み過ぎにはくれぐれも気をつけてくださいね。

ここ何年かで脚光を浴びるようになった「백세주(ペクセジュ/百歳酒)」も、なかなかの美味。原料は、もち米で、リコリス(甘草)、クコ(枸杞)などの10種類のハーブを使用しています。口当たりはワインのようなまろやかさで、女性に人気があります。ちなみに、この百歳酒は、焼酎に比べて少々お高め。そこで、韓国ではこの百歳酒と焼酎を半々に割って飲む人が増えました。そこで、ジョークが大好きな韓国の人々はそれを「五十歳酒(オシプセジュ/오십세주)」と呼んで楽しんでいます。

これまた日本でも人気急上昇中の「マッコリ」は、韓国語で「막걸리(マッコルリ)」。白濁の濁り酒で、日本でいうところのどぶろく。舌触りは意外とさわやかで、やはりこれも悪酔いの原因になりがち……。マッコリはチヂミ(韓国では「파전(パジョン)」)と相性が良いと言われています。韓国の伝統茶屋や骨董品屋が立ち並ぶ仁寺洞(インサドン)には、昔ながらの田舎風の居酒屋をイメージしたお店がここそこにあり、美味しいマッコリとチジミを堪能できますよ。マッコリは、お店によっては「동동주(トンドンジュ)」と書いてあることもあります。

韓国の方とお酒を飲むときは、こんなフレーズも使ってみてください。まずは、韓国のお友達、お知り合いをお酒に誘うときのフレーズです。

「한 잔 어때요?」
(ハンジャン オッテヨ/一杯、どうですか?)

「한 잔 할까요?」
(ハンジャン ハルカヨ/一杯、やりましょうか?)

言葉の前に「○○씨(○○シ/○○さん)」と、誘う相手の名前を付けると一層ソフトな感じになります。「우리(ウリ/私たち)」を付けて、「우리 한 잔 할까요?(ウリ ハンジャン ハルカヨ/私たち、一杯飲みましょうか)」もグッドです。

「どのくらい飲めますか?」と聞いて、会話を盛り上げたいときは、

「주량은 어느 정도예요?」
(チュリャンウン オヌチョンドエヨ/酒量はどれくらいですか?→どれくらい飲みますか?)

と聞いてみては? きっと、アハハと笑いながら、「소주 한 병이에요.(ソジュ ハンビョンイエヨ/焼酎1本です)」。または、「맥주 두 병이에요.(メクチュ トゥビョンイエヨ/ビール2本です)」などと答えてくれるでしょう。

そして、乾杯! 場が和む瞬間です。韓国語の乾杯の音頭は以下です。

「건배!」
(コンベ/乾杯!)

「위하여!」
(ウィハヨ)

この「ウィハヨ」の意味は「~のために」。よって、乾杯の時に持つ意味は、「あなたのために(幸せを祈って)乾杯」「会社のために(成功を祈って)乾杯」など、誰か、何かの幸せや発展を願う気持が込められています。ただ「杯を乾すぞ」とだけ言う「乾杯」よりも、韓国らしい、温かい感じがしますね。韓国の方とお酒を飲むときに言ってみてください。きっと喜ばれますよ!

前にいる人のグラスが空いています。「どうぞ」と日本語で言うのも良いですが、韓国語でお酒をすすめてみませんか?

「한 잔 하세요」
(ハンジャン ハセヨ/一杯、どうぞ)

「한 잔 받으세요」
(ハンジャン パドゥセヨ/一杯、受けて下さい)

きっと、「네(ネ/はい)」、「감사합니다(カムサハムニダ/ありがとうございます)」とお酒を受けてくれるでしょう。


ちなみに、韓国では注ぎ足しをしないことが多いです。グラスにお酒が残っている人にお酒を勧める、ということは「さあ、注ぎますので残っているお酒を飲み干してください」という意味になります。

また、自分のグラスのお酒を飲み干して、そのグラスを飲んで欲しい(飲ませたい)人に渡し、注ぐ「酌み交わし」も、韓国の方とのお酒の席ではよく見かける光景です。こうして韓国の方々は友好を深めるのです。
 

ワンポイント食事・酒席マナー

 乾杯
「乾杯!」よりも、「ウィハヨ!」で一気に場が和むのです
「韓国料理はスープや汁物が多く、どっしりした重さの器で出てきます。これらの器は日本のお茶碗やお椀のように、手で持ち上げて食べるようにできていません。韓国料理の場合、器はテーブルに置いたままスッカラッ(スプーン)をメインに食べるのです。チョッカラッ(はし)は、おかずをつまむときや麺類を食べるときに使います。

また、韓国料理は「混ぜる」が基本。ビビンパ、カレー、かき氷、なんでもよーく混ぜて食べます。スープやチゲの中にご飯を入れて食べる、「猫まんま」風の食べ方をしている人もよく見かけます。

お酒の席のマナーですが、目上の人は奥の上座に座っていただき、その方からお酒を注ぎます。右手で注ぎ、左の手のひらは右腋の下や右肘の下に添えましょう。目上の人の前では、横を向き、口元を隠して飲むのが韓国式。また、目上の人の前ではたばこも吸わないことも少なくありません。これらは儒教精神からくる文化です。

韓国の食堂に行ってみたら、料理を堪能するのはもちろんのこと、食べている韓国の人たちの仕草も観察してみましょう。きっと何か発見があると思います!

【関係記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。