韓国語を語呂合わせで学ぼう!楽々ハングル講座

語呂合わせで韓国語を覚えよう

アンニョンハセヨ? 先日「All About 韓国語」読者の方が当校を訪れてくださり、春から一緒に勉強させていただくことになったのですが、その方がこんなふうにおっしゃっていました。「いやぁ、All About 韓国語の記事、面白いです。「豚(ぶた)噛むニダ」とかね」。

嬉しいですね。ちなみに、この「豚噛むニダ」とは、記事「旅行会話、まずはこのフレーズから」の中でご紹介した「부탁합니다(プタッカムニダ/お願いします)」 のことで、それを覚えやすくするために私なりに語呂合わせをしたものです。

この「語呂合わせ」、邪道と侮るなかれ。語学は覚えたもの勝ちです。楽に覚えるためなら、どんな手段でも用いるべき! 今回は、以前聞いたりしたものや、自分なりに考えたものの中からいくつかをご紹介したいと思います!  

語呂合わせで覚える韓国語~一言フレーズ編

ええと……「お久しぶりです」 って何だっけ? 落ち着いて「俺(オレ)が……」

ええと……「お久しぶりです」 って何だっけ? 落ち着いて「俺(オレ)が……」

それでは早速いってみましょう! まずは冒頭でもご紹介したこちら。
 
  • 豚噛むニダ
そう、「부탁합니다(プタッカムニダ/お願いします)」ですね。これは何かをお願いするときの丁寧な表現です。使用例は、記事「旅行会話、まずはこのフレーズから」を参考にしてみてください! 挨拶、買い物、食堂、移動など、様々な場面で使える表現ですよ。
 
  • 「、」「×」 スムニダ
「、」が「ちょん」、「×」が「ペケ」で、「처음 뵙겠습니다(チョウム ペッケッスムニダ/はじめまして)」。初対面のときに使える丁寧な挨拶です。
 
  • 俺が旨煮(うまに)エヨ
なんだこれは? と突っ込みたくなるとは思いますが、まぁ、深く考えずに覚えてしまいましょう。これは「오래간만이에요(オレガンマニエヨ/お久しぶりです)」 です。「오래간」 のところが「オルガン」 になってしまう方がいたりと意外と覚えにくいので「俺が!」 と覚えてください。
 
  • スルン、持ってよ
スルッと滑ってしまうから、持ってよ~。この「スルン持ってよ」は、「술은 못 해요(スルン モッテヨ/お酒は飲めません)」 です。韓国人はお酒の強い人が多く、同じペースで飲んでいたら大変なことになってしまった! なんてことのある方も多いのでは? そんなときは飲む前にこの一言を。しかし、本当に飲めない方以外は、言っても効果がないかもしれません(笑)。
 

語呂合わせで覚える韓国語~接続詞編

「そしてグリコ」、「それでクレソン」 で覚えよう!

「そしてグリコ」、「それでクレソン」 で覚えよう!

接続詞は似ているから、ごっちゃになってしまう! という方は多いでしょう。ここでは、「そして」、「それで」、「しかし」の代表的な3つの接続詞の語呂合わせをご紹介します。そのくだらなさ加減で(笑)すぐに覚えられますよ!
 
  • そして、グリコ
これは見たそのまま。「そして」は、「그리고(クリゴ)」ですね。次に紹介する「그래서(それで、だから)」 とごっちゃになる方が多いようですので、「そしてグリコ」 と覚えましょう。

<例文>
저는 배용준을 좋아해요. 그리고 권상우도 좋아해요.
(チョヌン ペヨンジュヌル チョアヘヨ。クリゴ クォンサンウド チョアヘヨ/私はペ・ヨンジュンが好きです。そして、クォン・サンウも好きです)
 
  • それで、クレソン
「それで」 「だから」は、「그래서(クレソ)」です。先ほども言ったように、「그리고(そして)」 とごっちゃになる方が多いようですが、例文を見ると分かるでしょう。

<例文>
저는 배용준을 좋아해요. 그래서 한국어를 공부해요.
(チョヌン ペヨンジュヌル チョアヘヨ。クレソ ハングゴルル コンブヘヨ/私はペ・ヨンジュンが好きです。それで、韓国語を勉強しています)
 
  • しかし、黒生
「しかし」 は「くろなま」 ……ではなくて「그러나(クロナ)」 です。ただ、この「그러나(クロナ/しかし)」 は、どちらかというと書き言葉やあらたまった場所などでよく使われます。日本語の「しかし」 も同様ですね。例文で見てみましょう。

<例文>
저는 배용준을 좋아해요. 그러나 자주 볼 수 없어서 섭섭해요.
(チョヌン ペヨンジュヌル チョアヘヨ。クロナ チャジュ ポルス オプソソ ソプソッペヨ/私はペ・ヨンジュンが好きです。しかし、しょっちゅう会えないので寂しいです)
 

語呂合わせで覚える韓国語~こそあど編

韓国語の「こそあど」は、「いくぞー!」で覚えられる!

韓国語の「こそあど」は、「いくぞー!」で覚えられる!

韓国語の勉強を始めてまもなく登場する「これ」、「それ」、「あれ」 の「こそあど言葉」。それぞれ「이것(イゴッ/これ)」、「그것(クゴッ/それ)」、「저것(チョゴッ/あれ)」 ですが、どれがどれだか分からなくなるのが難点。そこで、これをどう覚えるか、以前、NHKテレビ ハングル講座で、講師の小倉紀蔵先生(京都大学大学院准教授)がこんな風に紹介していました。それは、
 
  • いくぞー!(いくじょー!)
そうです。「こそあど、いくじょ(이, 그, 저)ー!」 で覚えてください。この「こそあど、いくじょー!」 の例文をいくつかご紹介しますね。

●「こそあど、いくじょー」 の「이(イ)」
  • 이것은 커피예요.
(イゴスン コピエヨ/これはコーヒーです)

↓ ※「이것은」は、以下のように省略できます 
  • 이거는(이건) 커피예요.
(イゴヌン(イゴン) コピエヨ/これはコーヒーです)

↓ ※「これは」を、「この○○は」と言いたいときは、以下のようになります
  • 이 커피는 맛있어요.
(イ コピヌン マシッソヨ/このコーヒーは美味しいです)

●「こそあど、いくじょー」 の「그(ク)」
  • 그것은 소주예요.
(クゴスン ソジュエヨ/それは焼酎です)
  • 그거는(그건) 소주예요.
(クゴヌン(クゴン) ソジュエヨ/それは焼酎です)
  • 그 소주는 강해요.
(ク ソジュヌン カンヘヨ/その焼酎は強いです)

●「こそあど、いくじょー」 の「저(チョ)」
  • 저것은 매뉴 판이에요.
(チョゴスン メニュパニエヨ/あれはメニュー表です)
  • 저거는(저건) 매뉴 판이에요.
(チョゴヌン(チョゴン) メニュパニエヨ/あれはメニュー表です)
  • 저 매뉴 판 주세요.
(チョ メニュパン ジュセヨ/あのメニュー表ください)

いかがですか? ここに出てきたものは、もう忘れないのではないでしょうか。ただ、語呂合わせは覚えるのにはもってこいですが、韓国語の発音を正確に表現しているかと言えば、そうではありません。あくまでも補助的なものとして考え、実際のハングルでの発音もきちんと練習しておきましょうね!

また、みなさんが考えたり、思いついたりした語呂合わせも是非聞かせてください。お便りはこちらまで。なかなか覚えにくい単語・表現の良い覚え方を、みんなで共有しようではありませんか。それでは、「ゴマすって、ゴマッスムニダ~(고맙습니다/ありがとうございます)」(?)。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。