韓国語 ガイド 幡野 泉

はたの いずみ

アイケーブリッジ外語学院、代表兼韓国語講師。日韓・日中ビジネス交流の橋渡しをモットーに、個人、法人向けの韓国語・中国語講座を運営(http://www.ikbridge.co.jp/)。著作に『シゴトの韓国語 基礎編』『シゴトの韓国語 応用編』『リアルな日常会話が話せる!韓国語フレーズブック』など。

得意分野

語学全般に興味があります。2010年に中国語講座を開始したのをきっかけに中国語の学習も始め、2012年には、新HSKの5級を取得しました。現在、最上級の6級取得に向けて勉強中です。

ガイド担当テーマ

ガイドからの挨拶

アンニョンハセヨ! 「韓国語」のサイトへようこそ。「アジアのラテン」「近くて遠い国」と言われる韓国。そこで話される言葉はどんな言葉でしょう。皆さんは何がキッカケで韓国語に興味を持たれましたか? わたしは10年以上前、ふとしたことがキッカケで韓国語の勉強を始めたのですが、その頃は「韓国語」というとマイナーな言語。周囲は私を変わり者扱い。どうしてこの面白さがわからないんだろう、奇怪に見えたハングル文字はローマ字を読む要領で読めるし、語順は日本語と一緒で頭の中がラクなのに!と思っていました。韓国語は日本人が最も学びやすい言語、といっても過言ではありません。皆さんがハングル文字に愛着が持てるようになるように、韓国語が生まれた韓国という国にもっと親しみが持てるように、そんなサイトを目指しています。「近くて遠い国」を「近くて近い国」にすることが夢でしたが、もしかしたら「近くて遠い国」だからこそ面白いのかも。韓国、韓国語は日本人にとって最も好奇心をくすぐられる面白い国、言語に違いありません。

メディア掲載実績

雑誌スッカラ
特集「韓国なるほどマナー集」~韓国語を紹介~
2013年01月21日

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • 違いは何?韓国語の能力検定試験3つを一挙に紹介!

    違いは何?韓国語の能力検定試験3つを一挙に紹介!

    日本で受けることのできる韓国語関連の試験「ハングル検定」「韓国語能力試験」「通訳案内士試験」の3つです。初心者向けの検定試験から上級者向けの国家試験まであり、されにそれぞれの中でも級などでレベル分けがされています。各試験の違い、レベル、申込方法、過去問題の入手方法などを解説します。

    掲載日:2018年04月12日韓国語
  • 韓国語能力試験(TOPIK)の概要と勉強法

    韓国語能力試験(TOPIK)の概要と勉強法

    韓国語関連の検定試験の中でも認知度1、2を争う「韓国語能力試験(TOPIK)」。「受けようと思うけれども不安」、「問題が全部韓国語というから難しそう」……、そんな先入観を捨て、まずはその内容を一緒に見てみましょう!

    掲載日:2018年04月12日韓国語