セージ(セイジ)とは? 香りを楽しむ!

「セージ」の香り、アロマ効果は?

ハーブ系の代表”セージ”

Salvia officinalis
シソ科の低木
花と葉を蒸留して採油

ヤクヨウサルビアという和名をもつセージ。地中海沿岸原産で、古くから「不老長寿」の薬として知られています。「サルビア」というのは「救う」とか「治療力がある」という意味のラテン語(salvere)から派生したといいます。家庭の万能薬として、多くの家庭の庭に植えられてきました。

いわずれと知れた、サイモン&ガーファンクルの楽曲「スカボロフェア」。これに登場するのがセージです。もっとも代表的なハーブとして、ローズマリー、パセリ、タイム…と一緒に何度も繰り返し歌われます。

料理では、肉のにおい消しをはじめ、チーズやソース類のにもよく使われます。セージの葉をワインやオイルにつけこんだハーブワイン、ハーブオイルなどもよく知られています。
 

セージのアロマ効果

前向きになりたいときにはセージを!

前向きになりたいときにはセージを!

日本人には薬草っぽい香りがきつい、と思うことも。ですが、ブレンドしたりすると良い感じに使えます。またあまり濃度を高くせず、少ない分量で使うと良いでしょう。
 
  • 気分のリフレッシュに
疲労や落ち込みを感じたときは、セージの香りを使いましょう。気持ちを前向きにし、プラス思考をサポートします。ブレンドして使うのがオススメ。
※ブレンドの種類は、下のガイドからのひとこと提案をご覧下さい。
 
  • 生理のトラブルに
女性ホルモン(エストロゲン)のような働きをするともいわれます。生理不順、更年期障害にも。キャリアオイルに薄めてトリートメントに使うこともできます。
 
  • 消化器系のトラブルに
消化を促進します。食欲不振にも。夏バテなどにはコットンに1滴として、お部屋に置いておくのも良いでしょう。


■ ガイドからひとこと提案
作用が強いので、芳香用に使うのがオススメ。アロマランプに数滴落として、香りを楽しみましょう。レモンや、ラベンダーやゼラニウム、などとのブレンドはいかでしょうか。不安が強いときはネロリと。

■ 取り扱い注意
  • 比較的、刺激のあるエッセンシャルオイルです。妊婦さんは使用しないよういわれます。わたしもオススメしません。
  • クラリセージ(オニサルビア)の精油とは、違うものです。注意事項なども変わってくるので、お間違いなく!

参考文献
『ハーブ事典ハーブを知りつくすAtoZ』レスリー・ブレムネス著 樋口あやこ訳(文化出版局)
『アロマテラピーのための84の精油』ワンダーセラー著 高山林太郎訳(フレグランスジャーナル社)


【関連記事】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。