大人になって克服した野菜トップ3で餃子

所要時間:45分

カテゴリー:メインのおかず餃子

 

大人になってから食べられるようになった野菜トップ3

餃子にアクセントとして、香りや味わいが強いものを入れると、よりおいしいですよね。今回は、香りも匂いも味も強いピーマン、セロリ、ゴーヤをアクセントに加え、3種類の餃子作りに挑戦です!

大人になって克服した野菜で餃子の材料(30個分

3種類の餃子の材料
豚ひき肉 150g
ねぎ 1本
ピーマン 60g (2個)
セロリ 60g (2個)
ゴーヤ 60g (半分)
片栗粉 大さじ1
ごま油 大さじ1
ナンプラー 大さじ1(なければ醤油で)
餃子の皮 30枚
小さじ4
100cc
適量

大人になって克服した野菜で餃子の作り方・手順

3種類の餃子の作り方

1:

ねぎをみじん切りにして、小さじ1の塩をもみこみ、10分おいておきます。
ピーマンをみじん切りにして、小さじ1の塩をもみこみ10分おいておきます。セロリ、ゴーヤも同様にみじん切りにして、小さじ1の塩をもみこみ、10分おいておきます。

2:

1のねぎの水気をよく絞って、豚ひき肉、ごま油、片栗粉、ナンプラーと混ぜて、手でよく混ぜ合わせます。

3:

残りの野菜の水気をよく絞ります。

2で作った餃子タネを3等分にし、それぞれピーマン、セロリ、ゴーヤを加えてよく混ぜます。

4:

タネを餃子の皮に包みます。それぞれ10個ずつが目安です。

5:

ホットプレートに油を引き、クッキングペーパーでふきとります。高温に設定しておき、餃子に焼き目をつけます。焼き目がついたら水を100cc加え、ふたをして蒸し焼きにしてできあがりです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。