ピラティスをはじめる前の心構えと基礎知識

ピラティスでビューティー&ダイエット!
これから『ピラティス』をはじめたいあなた。難しいと思われがちなピラティスですが、基礎知識を把握すれば気軽に自宅でも行えます。健康でキレイな心地よい体を手に入れるため、『ピラティス』についての基礎知識を分類し分かりやすくまとめてみましたので、しっかり確認しておきましょう。

『ピラティス』成功のカギはもちろん継続すること! 無理なく楽しく実践し、健やかな美しさを手に入れましょう。

■ ピラティスの基本姿勢と呼吸法

■ ピラティス教室・ヨガスタジオの選び方

■ ピラティスの発祥・ヨガの種類


ピラティス成功の3つのポイント

ピラティスは闇雲に回数をこなしたり、間違ったフォームで続けていても効果は上がりません。でも、ピラティスエクササイズの3つのポイントを知っていれば、スタジオなみに効果があるレッスンが可能です。

正しく楽しく心地よくをモットーに、美しい体を手に入れましょう。

●Point.1 体を締めつけない服装で行う&満腹時はNG
ますは、心身ともにリラックスした状態をつくります。Tシャツやジャージなどの動きやすい服装に着替えてからはじめましょう。また、食後すぐの運動は避けて、1?2時間空けてから行いましょう。

●Point.2 リラックスできる環境づくり
仰向けで行うことが多いピラティスは、フローリングなどの硬い床の上で直接行わず、マットやバスタオルの上で行いましょう。硬い床の上で行うと特定の箇所に痛みが伴ったり、ケガの原因になりかねません。バスタオルの場合は、2枚重ねた方が快適です。

また、散らかり放題の部屋で行うのはやはり避けたいもの。物が邪魔で伸び伸びと体を動かせなくなってしまいますし、何かにぶつかったり、壊したり!なんてことになったら大変です。ピラティスの前には部屋の整理整頓も心がけて。

●Point.3 ウォーミングアップは成功への近道
筋力トレーニングの要素が含まれるピラティスでは、、ウォーミングアップなしにエクササイズをはじめるのは厳禁。軽い準備運動で体をほぐしてからはじめましょう。効果もよりUPします!

【ウォーミングアップの参考例】
(1)首を回す、肩を回す (前後左右に2周づつ)
(2)手首・足首を回す(時計回り、反時計周りに2・3周)
(3)軽い前屈
(4)体側ストレッチ

などがオススメ。体を温めてからはじめることが成功への近道なのです。

はじめから完璧にできると思わず、「できなくてあたり前」くらいの気持ちからはじめてみて。マイペースで無理なく楽むのが一番の成功の秘訣です!